マネタス

三井住友銀行カードローンの金利は高い?利息の計算方法をFPが徹底解説!

三井住友銀行カードローンの金利は高い?利息の計算方法をFPが徹底解説!

カテゴリー:

著者名

田中 英哉

田中 英哉

2級ファイナンシャルプランニング技能士、上級心理カウンセラー

2級ファイナンシャルプランニング技能士の有資格者。長年のライター経験の中で、お金に関する記事を執筆。日本最大級のソーシャルワークサイトにてプロクラウドワーカー TOPclass認定。ライター部門契約ランキング最高6位。難しいお金の話しを分かりやすく伝える記事は、読者から読みやすいと好評。

この記事のポイント

  • 三井住友銀行カードローンの金利は銀行カードローンの一般的水準で、消費者金融より低いです。
  • 三井住友銀行カードローンの利息は、「借入残元金×利率÷365×借入日数」で計算できます。
  • 三井住友銀行カードローンの利息は繰り上げ返済でお得となります。

この記事は約6分で読めます。

三井住友銀行カードローンは、メガバンクのブランド力により安心して利用可能です。カードローンを利用する時にポイントとなるのは金利です。金利が低いほど返済額の総額が低く抑えられるからです。

では三井住友銀行カードローンの金利は高いのでしょうか、低いのでしょうか。利息の計算方法も含めて詳しく解説します。

 

三井住友銀行カードローンの金利比較

三井住友銀行カードローンの金利比較

三井住友銀行カードローンは年利率4.0%~14.5%の金利で、最大800万円まで借入可能です。メガバンクの安心感があり、サービスも充実していることから、評判の良いカードローンです。

では、三井住友銀行カードローンの金利は、他のカードローンと比較して高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか。以下比較を参考にしてください。

  • メガバンクカードローンとの比較
  • ネット銀行カードローンとの比較
  • 地方銀行カードローンとの比較
  • 大手消費者金融との比較
  • 中小消費者金融との比較

 

メガバンクカードローンとの比較

三井住友銀行カードローンの金利は、他のメガバンクカードローンと比較すると、やや高めであることがわかります。ただし、金利が高いほど審査に通りやすい傾向があるため、一概にデメリットとは言い切れません。

《メガバンクカードローンの金利比較》
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%(住宅ローン優遇金利)

 

ネット銀行カードローンとの比較

ネット銀行と比較した場合も、三井住友銀行カードローンの金利はやや高めです。ネット銀行はオンラインのみで運営している銀行であるため、人件費削減により低金利を実現しています。

ただし、ネット銀行よりもメガバンクにブランド力を感じる人もいらっしゃるため、総合的な判断で三井住友銀行カードローンを選ぶ人も多いです。

《ネット銀行カードローンの金利例(一部抜粋)》
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8%
住信SBIネット銀行カードローン 年1.59%~14.79%

 

地方銀行カードローンとの比較

地方銀行カードローンと比較すると、三井住友銀行カードローンに優位性があります。借入金額によっては逆転することもありますが、地方銀行カードローンは相対的にメガバンクやネット銀行よりも高めの金利となっています。

《地方銀行カードローンの金利例(一部抜粋)》
静岡銀行カードローン「セレカ」 年4.0%~14.5%
スルガ銀行カードローン 年3.9%~14.9%
ちばぎんカードローン 年1.7%~14.8%

 

大手消費者金融との比較

大手消費者金融から借りる方法もあります。大手消費者金融は、三井住友銀行カードローンを含む銀行カードローンよりも割高である反面、審査が柔軟であることや、即日キャッシングができるなどのメリットがあります。高金利のデメリットとのバランスを考慮して検討すると良いでしょう。

《大手消費者金融カードローンの金利例》
アイフル 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
レイクALSA 年4.5%~18.0%

 

中小消費者金融との比較

大手消費者金融よりもさらに借りやすいのが中小消費者金融です。審査難易度が低く、最後の手段として利用可能です。ただし、金利は最も高く設定されているため、慎重に利用しなければなりません。計画的な利用を前提としましょう。

《中小消費者金融カードローンの金利例(一部抜粋)》
アロー 年15.0%~19.94%
エイワ 年17.9507%~19.9436%
セントラル 年4.80%~18.00%
フタバ 年14.959%~17.950%
フクホー 年7.3%~18.0%

 

三井住友銀行カードローンの返済利息計算方法

三井住友銀行カードローンの返済利息計算方法

三井住友銀行カードローンを利用する場合、借入希望額に対してどれくらいの利息がかかるのか知っておきましょう。利息の計算ができれば返済契約が立てやすくなります。ここでは以下について解説いたします。

  • 基本的な考え方
  • 利息計算の例
  • 返済シミュレーション

 

 

基本的な考え方

利息計算の基本的な考え方として、利息は日数をベースとした日割計算となります。その上で、計算方法は「借入残元金×利率÷365×借入日数」となります。利息計算において1円未満は切り捨てですので、合わせて把握しておきましょう。

 

利息計算の例

具体的な計算例を紹介しますと、仮に10万円借り、1週間後に返済した場合の利息はいくらになるのでしょうか?三井住友銀行カードローンで10万円借りた場合の年利は14.5%で、借入れ当日は計算に含まず、7日間の利用を前提とします。

その場合の計算式は「10万円×14.5%÷365日×7日=278.08…」で、1円未満は切り捨てですので、利息は278円となります。1週間後の返済日に100,278円返すこととなります。

 

返済シミュレーション

上記のようにアナログ式の方法で計算しても良いのですが、三井住友銀行カードローンの公式サイトには3つの返済シミュレーションがあります。

その3つとは「毎月返済額シミュレーション」「返済期間シミュレーション」「約定返済額シミュレーション」で、瞬時に返済スケジュールを把握可能です。せっかくですので、実際にシミュレーションをしてみました。ぜひ参考にしてください。

 

毎月返済額シミュレーション

毎月返済額シミュレーションとは、借入金額を指定の月数で返済する際に、毎月いくら返済しなければならないのかを割り出すシミュレーションです。ここでは借入限度額である800万円を120カ月、年率4.5%の場合でシミュレーションしてみました。

《毎月返済額シミュレーションの結果》
借入金額 800万円
返済期間 120カ月
年率 4.5%
算出結果 毎月82,910円の返済
利息総額 1,949,237円

 

返済期間シミュレーション

返済期間シミュレーションとは、借入金額を毎月指定金額で返済する際の返済月数を計算するシミュレーションです。どれくらいの期間返済し続けなければならないかを知る際に利用すると良いでしょう。

ここでは借入金額800万円、毎月返済額70,000円、年率4.5%を条件にシミュレーションしてみました。

《返済期間シミュレーションの結果》
借入金額 800万円
毎月返済額 70,000円
年率 4.5%
計算結果 返済終了まで150ヶ月
利息総額 2,465,679円

 

約定返済額シミュレーション

約定返済額シミュレーションとは、最低返済額で返済した場合の返済期間や返済総額を算出するシミュレーションです。ここでは残高800万円、年率4.5%を条件に最低返済額で返し続けた場合のシミュレーションをしてみました。

《約定返済額シミュレーションの結果》
返済日 月末
残高 800万円
年率 4.5%
返済期間 36年0ヶ月
累計支払額 11,717,107円
累計利息 3,717,107円

 

利息にまつわる豆知識

利息にまつわる豆知識

三井住友銀行カードローンの利息にまつわる豆知識を紹介します。何も考えずにカードローンを利用するよりも、カードローンに対する知識が備わっていた方が、結果的にお得となる場合があります。具体的には以下について見て行きましょう。

  • 返済できない時は利息だけ払う場合もある
  • ATMでは端数残高が返せない
  • 返済金額は繰り上げ返済でお得

 

 

返済できない時は利息だけ払う場合もある

三井住友銀行カードローンを返済できなくなった場合には、すぐ銀行に相談しましょう。事情によっては元本の支払いを猶予し、一定期間利息だけの返済にしてくれるなど、何らかの対処をしてくれる場合があります。

返済遅延を繰り返したり長期滞納をしてしまうと、信用情報にキズが付きます。信用情報とは個人の金融取引を記録しているもので、マイナス情報が記録されると今後の金融取引に影響を及ぼします。

そうならないために、早めの対処を相談しましょう。もちろん、相談したからといって免れない場合もありますので軽く考えてはいけません。

 

延滞すると保証会社から督促がくる

もしも滞納してしまうと、保証会社から督促が入ります。三井住友銀行カードローンの保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社ですので、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社から督促が入るのです。

ハガキや電話などの督促は、たとえ礼節を持った内容だったとしても精神的負担となるでしょう。督促を放置していると裁判沙汰となり、強制執行の可能性も出てきますので、無連絡の滞納はご法度です。

 

ATMでは端数残高が返せない

硬貨非対応のATMの場合、端数残高の返済ができません。完済しようと思っても、中途半端な金額だけ未返済となります。利息は1円単位でかかるため、結果的に端数残高が出ることは珍しくありません。

硬貨対応のATMから返済するか、振込などで返済すると良いでしょう。ただし、端数残高には利息がかからないため、実際のところは放置して問題ありません。とはいえ、完済とならないことから解約はできないと知っておく必要があります。

 

返済金額は繰り上げ返済でお得

一定のお金が入った際には、繰り上げ返済すると良いでしょう。繰り上げ返済とは、毎月決まった返済額よりも多く返済する方法のことで、返済期間を短縮できたり利用枠にゆとりを持つことができます。

繰り上げ返済の1番のメリットは利息が軽減できるところです。本来支払うはずだった利息を目減りさせられますので、返済総額を抑えることが可能です。

 

三井住友銀行カードローンの金利に関するまとめ

三井住友銀行カードローンの金利は銀行カードローンの一般的水準で、消費者金融より低いです。メガバンクのブランドやサービス内容も踏まえ、総合的に検討しましょう。

利息は「借入残元金×利率÷365×借入日数」で計算できますが、返済シミュレーションでカンタンに確認できますので、一度チェックしてみましょう。利息は繰り上げ返済でお得となりますので、お金にゆとりができたら早めの返済がおすすめです。

三井住友銀行カードローン

 

借金の返済にお困りなら

債務整理の手続きは複雑で難しいため、債務整理のプロへ相談することが賢明です。まずは相談料無料で債務整理に強い弁護士事務所に相談してみるのがいいでしょう。

▼税と法律の相談サポート【相談さぽーと】

 

カードローンに関する以下記事もおすすめ☆