マネタス

みずほ銀行カードローンの返済方法まとめ!一括&分割返済の流れをFPが解説

みずほ銀行カードローンの返済方法まとめ!一括&分割返済の流れをFPが解説

カテゴリー:

著者名

吉見 浩一

吉見 浩一

CFP、FP1級、TOEIC975点

「お得」が好きなFPライターです。大手電機メーカーおよび施設運営会社勤務を経て、2018年よりフリーのライターに。会社勤務中に、ファイナンシャルプランナー(FP)資格取得に取り組み、CFPおよびFP1級を取得。現在はクレジットカードやローンに関する記事を連載しています。

この記事のポイント

  • みずほ銀行カードローンの返済方法には、大きく分けて分割と一括の2つがある。
  • 返済手段には、振込・みずほダイレクト・ATMがある。
  • 利息を含めたトータルの返済額を減らすには、任意返済や一括返済によって返済期間の短縮に努めること。

この記事は約6分で読めます。

このたび、みずほ銀行カードローンの利用を開始した方へ。この後お金を返していくことになりますが、どうやって返済していけばいいのかよくわからない方も多いのではないのでしょうか。

毎月、機械的に漫然とお金を支払えばいいのか、あるいはまとまったお金が入ったときには少しでも多く返済すればいいのか、判断に苦しむところです。

実は、借金を返す方法にはいくつかあり、それらを組み合わせることによってうまく返済額を減らすこともできるのです!この記事では、カードローンを返済する方法の流れを紹介するとともに、上手な支払いの方法について解説していきます。

 

返済方法には分割と一括の2つがある

返済方法には分割と一括の2つがある

それでは、みずほ銀行カードローンではどのような返済方法があるのでしょうか?

実は、返済方法は大きく分けて分割と一括の2種類があり、さらに分割の中には約定と任意という区分があります。そして、それぞれの方法に応じて手段が決められています。これを図にすると下記のようになります。

返済方法 返済方法内訳 返済手段
分割 約定 振込
任意 みずほダイレクト、ATM
一括 一括 店頭

以下ではまず、返済方法について述べていきます。

 

分割返済

約定返済について

まずは、約定返済について説明いたします。約定返済とは、毎月決まった日に決まった額を返していく、という方式のことです。そして、この返済日と金額は自分で勝手に変更できるわけではなく、みずほ銀行側であらかじめ一律に決められています。

そして、こうした約定返済ができるのは口座引き落としの振込のみとなっています。

 

任意返済について

ただし、自分にお金が多く入ったタイミングなどで、約定返済を待たずにより多くの金額を返したい、という場合もあります。余分なお金があるとついつい使ってしまうという性格の人は、少しでも早くお金を支払いに回しておきたいですよね。

そんな場合に利用できるのが、任意返済です。これは読んで字のごとく、利用者は自分の好きなタイミングでいくらでもお金を返せる、という方式です。繰り上げ返済の一種となります。

ただし、この方式は口座からの引き落としでは利用できません。みずほダイレクトまたはATMを通じて行うこととなります。

 

一括返済について

かなり多くのお金を手に入れて、借入残高を完済できるという場合もあります。借金をすべて返せるのであれば、そのあとは返済の必要もなくなりますので精神的にも楽ですよね。

このような場合には、一括返済を利用しましょう。これは、残債をすべて支払うという方式のことです。この方式はみずほ銀行の店頭のみで受け付けています。なので、受付時間がありますので注意しましょう。平日9:00~15:00となっています。

また、その際には下記の物が必要となります。

  • キャッシュカード
  • 本人確認書類
  • 完済に必要な現金あるいは必要金額が入金された口座通帳

ただし、一括返済をしただけではカードローンの残高が0になるだけで、契約は続いています。完全に縁を切るには契約の解除という手続きが必要になります。

もっとも、今後また利用をするかもしれないと考えるのであれば、契約を残しておいたほうが次回の利用時にはすぐに利用を再開できます。

 

キャッシング後の返済日と返済金額について

ここで、約定返済の場合の返済日を具体的に申し上げますと、毎月10日となっています。ただし、10日が銀行休業日であった場合には、翌営業日となります。この10日というのは基本的には変更できません。

ではいつから支払いが始まるのかというと、前月の10日までに借入れがあった場合、翌月の10日から返済が始まるというイメージです。10日以降の借入れであれば、翌々日となります。

また、お金を返す金額は、2012年7月31日以降に契約して利用限度額が200万円以上の場合、下記のとおりとなります。

前月10日の借入残高 毎月の返済額
2千円未満 前月10日の借入残高
2千円以上20万円以下 2千円
20万円超40万円以下 4千円
40万円超 利用残高が20万円増すごとに2千円を追加

その他の場合には少し違ってきて、下記のようになります。

前月10日の借入残高 毎月の返済額
2千円未満 前月10日の借入残高
2千円以上10万円以下 2千円
10万円超20万円以下 4千円
20万円超 利用残高が10万円増すごとに2千円を追加

このように、借入残高の金額に応じて返済額が段階的に異なる方式のことを、「残高スライド方式」といいます。

さきほど約定返済の返済日を10日と申し上げましたが、ここで1点追加で説明いたします。実はキャッシングの種類によっては、異なるケースがあります。

もしもATMでカードローンを申し込んだ場合には、返済日は10日ではなく17日になります。ここは勘違いをしないように事前に確認しておきましょう。

 

返済手段によっては手数料がかかることも!返済額を減らすには?

返済手段によっては手数料がかかることも!返済額を減らすには?

ここまでみずほ銀行カードローンの返済方法について説明してきました。そして、それぞれの方法には定められた手段があることも紹介しました。

それでは、これらの手段にはどのような特徴があるのでしょうか?また、こうした手段を使ってトータルでの返済額を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

 

 

振込は自動引き落としのみ

まずは約定返済で使用する振込ですが、これは自動引き落としでしか使えません。そのため、みずほ銀行カードローンを申し込む際には普通預金口座の開設をする必要があります。10日に手動で振り込むといったことはできませんので注意しましょう。

そしてこの自動引き落としは、たとえ別途任意返済で引き落とし分以上のお金を返していても停止はされません。なので、普通預金口座に引き落とし金額以上の残高がない場合には、いくら任意返済をしていても延滞となりますので注意が必要です。

 

振込で返済するメリット

  • 支払い期日を忘れることがない
  • 手数料がかからない
  • 残高があれば、自動的に返済できて手間がかからない

 

振込で返済するデメリット

  • 借入残高を覚えにくい
  • 任意返済ができない
  • 普通預金口座が必要

 

ネットを使ったみずほダイレクトでの返済

次に任意返済で利用するみずほダイレクトですが、これはPC・スマホなどのネットを通じてお金を返すという手段を指します。ネットを使えばいつでも利用することができるので便利ですね。また、電話という方法もあります。

 

みずほダイレクトで返済するメリット

  • 24時間利用可能
  • 土日でも利用できる

 

みずほダイレクトで返済するデメリット

  • 利用登録が必要になる
  • インターネットに慣れていないと使いにくい(PC、スマホの場合)

 

ATMからの返済は手数料がかかる場合がある

最後に、任意返済で利用するATMからの返済についてですが、これは説明不要でATMを操作してお金を返すということです。ATMはコンビニなどにも置いてありますので、外出したついでなどに利用できて便利です。

 

ATMで返済を行うメリット

  • 設置台数が多く利用しやすい
  • 土日でも利用できる

 

ATMで返済を行うデメリット

  • 時間外利用では手数料が発生する
  • 利用できる時間帯が限られている

この「手数料がかかる」という点には注意が必要です。元本と利息以外のお金を支払うことは避けたいですよね。ATMを使用する場合には利用時間について十分に確認しておきましょう。

 

返済額を減らすには返済期間の短縮がカギ!

これまで述べてきたことから、トータルの返済額を減らすポイントについて考察いたします。

特に多額の借入れを行った場合、約定返済だけを続けているとお金を返す期間が非常に長くなってしまいます。借金には金利がかかりますので、借入残高に応じて利息が発生します。期間が長いと、利息が膨らんでしまうので損をすることになります。

みずほ銀行カードローンの金利については、下記の記事を参考にしてください。

返済額を少しでも減らすには、任意返済を行って少しでも早くお金を返していくことがポイントになります。ただし、任意返済をしたからといって約定返済はすべて返し終わるまで止まりませんので、預金口座には一定額を置いておいて、振込に遅延が生じないように注意しておきましょう。

さらに、余裕があれば一括返済にチャレンジしましょう。ただし、お金を早く返すことに気を取られてそのあとの生活がままならず、結局またお金を借りることになっては本末転倒ですので気をつけましょう。

 

まとめ:みずほ銀行カードローンの返済に関して

みずほ銀行カードローンの返済について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

カードローンを申し込むときには「お金を返すことを忘れたらどうしよう」と不安になるかもしれませんが、約定返済では普通預金口座にお金がある限り自動的にお金が返されますので、その心配はほぼありません。

また、支払い総額を抑えたいのであれば、任意・一括返済の利用も視野に入れておきましょう。

みずほ銀行公式サイトはこちら

 

借金の返済にお困りなら

債務整理の手続きは複雑で難しいため、債務整理のプロへ相談することが賢明です。まずは相談料無料で債務整理に強い弁護士事務所に相談してみるのがいいでしょう。

▼税と法律の相談サポート【相談さぽーと】

 

カードローンに関する以下記事もおすすめ☆