マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

死亡保険は安い掛け金で充実した保障がいい!おすすめランキングを専門家が厳選

死亡保険は安い掛け金で充実した保障がいい!おすすめランキングを専門家が厳選

カテゴリー:

著者名

佐藤 元宣

佐藤 元宣

佐藤元宣FP事務所代表CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士、経理実務士

税理士や社会保険労務士といった士業事務所経験と保険代理店を行った経験などを活かし、生活する上で避けて通れない「お金」の相談に幅広く応じている独立系FP。家計の収支状況と専門性を融合したプランニングを提供しています。

この記事のポイント

  • 保険料が安い死亡保険には、保険料が掛け捨てになるなど、押さえておくべき注意点が複数あります。
  • 保険料の安さだけではなく、保障やサービスも比較して選ぶことが大切です。
  • 目先の保険料の安さではなく、将来のライフプランを考えた死亡保険選びが大切です。

この記事は約8分で読めます。

すわれる生命保険ですが、死亡保険の種類によって保険料や保障は様々です。

また、保険会社間による違いもあり、死亡保険を選ぶ場合、どのようにして選ぶのが良いか迷う方も少なくありません。

そこで本記事では、安い保険料の死亡保険を対象に選ぶ際のポイントや注意点について解説を進めていきます。

なお、死亡保険と医療保険の違いについては以下記事を参考にどうぞ。

 

 

重要!死亡保険は、安い保険料で充実した保障を得るのは難しい

重要!死亡保険は、安い保険料で充実した保障を得るのは難しい

物やサービスには、価格と品質がありますように、死亡保険もこの考え方と基本的に同じです。

つまり、死亡保険の場合、安い保険料で充実した保障を得ることは難しく、仮に安い保険料を重視した死亡保険選びを検討しているのであれば、まず死亡保険の種類や死亡保険の特徴について、あらかじめ知っておく必要があります。

もちろん、保障範囲や期間にも注意が必要なため、次項からこれらの内容について解説を進めていきます。

 

死亡保険の主な種類

死亡保険の主な種類

死亡保険には、主に終身型の死亡保険と定期型の死亡保険の2つに大きく分けられます。

安い保険料を重視した死亡保険を選ぶのであれば、定期型の死亡保険を選ぶ必要があり、年齢が若く、保障金額(保険金額)が少なく、保障期間が短い場合、保険料は激安になります。

つまり、安い保険料の死亡保険に加入するには、ご自身の選び方次第となります。

終身型と定期型の死亡保険の違いは、以下記事より詳しく知ることができます。

 

掛け金が格安の定期型死亡保険のイメージ

掛け金が格安の定期型死亡保険のイメージ

安い保険料の死亡保険に加入することは簡単にできることを解説しましたが、ここでは、掛け金が(保険料)が格安に済ませる死亡保険のプランを紹介します。

なお、保険料のシミュレーションにあたり、年齢は30歳女性とし、健康状態などに問題がないものとして試算します。

 

定期型死亡保険、保険期間10年、死亡保険金500万円のシミュレーション

保険の種類 定期保険(定期型死亡保険)
保険金額(死亡保険金) 500万円 1,000万円(参考)
保険期間(保障期間) 10年間
月々の掛け金(保険料) 586円 945円

保険会社によって若干の保険料の違いはあるものの、30歳女性が死亡保険金500万円の定期保険に加入するとした場合、月々の保険料が586円で済むことが分かります。

なお、参考情報として1,000万円の場合も掲載しておりますが、いずれの場合も安い保険料で大きな死亡保障を得られていることが確認できます。

ただし、安い保険料ならではの注意点があるため、次項から大切な注意点を個別に解説していきます。

 

 

保険料が安い死亡保険の注意点

保険料が安い死亡保険の注意点

うまい話には訳があるではありませんが、保険料が安い死亡保険には、あらかじめ確実に押さえておかなければならない注意点があり、将来のお金に関わる重要なポイントになります。

目先の安い保険料に捉われることが、結果として大きなロスに繋がるため、要点をしっかりと押さえていただければと思います。

 

【保険料が安い死亡保険の注意点①】保険料が安い死亡保険のほとんどが掛け捨て

定期型の死亡保険は、保険料が安い特徴があり、さらに一時的に大きな保障を得られるメリットがある反面、そのほとんどが保険料が掛け捨ての生命保険になります。

仮に、月々586円の保険料を10年間で計算しますと70,320円となりますが、この10年間に支払った保険料70,320円が戻ってくることはありません。

 

【保険料が安い死亡保険の注意点②】払込保険料が更新手続きによって増加する

定期保険の場合、保険期間が満了することによって死亡保障が終了することになりますが、この保障を引き続き継続したい場合は、更新手続きをする必要があります。

この時、更新手続きをすることによって、これまでの保険料よりも金額が高くなってしまうデメリットがあり、年齢を重ねながら更新手続きを継続していくと、保険料負担がかなり増加し、保険契約が継続できないリスクが伴います。

 

【保険料が安い死亡保険の注意点③】終身型の死亡保険とは異なり、死亡保障される期間が途中で無くなる

保険料が安い死亡保険は、終身型の死亡保険とは異なり、保険期間と呼ばれる保障が有効な期間が限られており、10年間や60歳までなど実に様々です。

保険料が安い分、いわゆる一生涯に渡って死亡保障が準備できるわけではない点をあらかじめ知った上で、加入することが大切になります。

 

保険料が安い死亡保険の注意点まとめ

  • 保険料が安い死亡保険のほとんどが掛け捨て
  • 払込保険料が更新手続きによって増加する
  • 終身型の死亡保険とは異なり、死亡保障される期間が途中で無くなる

 

死亡保険の保険料が安い保険会社ランキング

死亡保険の保険料が安い保険会社ランキング

保険料が安い死亡保険の注意点が分かったところで、ここからは、死亡保険の保険料が安い保険会社についてランキング形式で紹介していきます。

なお、本記事で紹介するランキングは、保険料の安さを最も重視するものとし、保障の質やその他の特殊な事情を加味しないものとしますので、あらかじめご留意ください。

 

保険料算出の前提条件

  • 年齢は30歳女性とします
  • 死亡保険の保障金額は1,000万円とします
  • 保険料は、月払い表記とします
  • 保険期間は、別途表記の通りとします

 

第5位 ライフネット生命「かぞくへの保険」846円

死亡保険の保険料が安い保険会社ランキング第5位は、ライフネット生命が販売している定期保険で、商品名は「かぞくへの保険」です。

保険期間は10年間で、主な特徴としては、約款所定の障害状態になった場合に保険料の払い込みが免除されるほか、電話健康相談もすることができる点が挙げられます。

かぞくへの保険

 

第4位 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの定期保険2」830円

死亡保険の保険料が安い保険会社ランキング第4位は、アクサダイレクト生命が販売している定期保険で、商品名は「アクサダイレクトの定期保険2」です。

保険期間は10年間で、主な特徴としては、リビングニーズ特約(後述します)が付加されていることに加え、不慮の事故によって約款所定の身体傷害の状態に該当した場合、以後の保険料の払い込みが免除されることがあげられます。

 

リビングニーズ特約とは

リビングニーズ特約とは、医師から余命が6ヶ月以内と判断された場合に、本来ならば死亡した時に支払われる死亡保険金を生前に受け取ることができる保障のことを言います。

人生の終わりを迎える前の旅行といった生涯最後の思い出作りのほか、医療費の補填など様々な使い道がありますが、保険金の使い道が問われることはありません。

アクサダイレクトの定期保険2

 

第3位 SBI生命「クリック定期!Neo」790円

死亡保険の保険料が安い保険会社ランキング第3位は、SBI生命が販売している定期保険で、商品名は「クリック定期!Neo」です。

保険期間は10年間で、主な特徴としては、リビングニーズ特約や保険料の払い込み免除が付いているほか、電話健康相談、メンタル相談、医師や医療機関の紹介など、幅広いサービスも合わせて受けられる特徴があります。

クリック定期!Neo

 

 

第2位 メディケア生命「メディフィット定期」772円

死亡保険の保険料が安い保険会社ランキング第2位は、メディケア生命が販売している定期保険で、商品名は「メディフィット定期」です。

保険期間は10年間で、主な特徴としては、保険料払込免除はあるものの、リビングニーズ特約や電話健康相談、メンタル相談、医師や医療機関の紹介などといったその他のサービスが全くありません。

そのため、保険料は他社に比べて安い一方、総合的に考慮するとお得感が得られるのか疑問が残ります。

メディフィット定期

 

第1位 楽天生命「楽天生命スーパー定期保険」710円

死亡保険の保険料が安い保険会社ランキング第1位は、楽天生命が販売している定期保険で、商品名は「楽天生命スーパー定期保険」です。

保険期間は1年間です。主な特徴としては、これまで紹介した4社とは異なり、保険期間が10年間ではなく1年間で、リビングニーズ特約があるものの、保険料の払込免除が無く、電話健康相談、メンタル相談、医師や医療機関の紹介など、幅広いサービスが受けられる特徴があります。

 

楽天生命スーパー定期保険は、5歳刻みで保険料が変わる!?

楽天生命の楽天生命スーパー定期保険は、保険期間が1年間であるため、更新型の定期保険のように、1年ごとに保険料が増加すると思う方も多いのではないでしょうか。

実のところ、筆者もそのように感じておりましたが、様々な年齢で保険料を試算したところ、おそらく5歳刻みで保険料が変わるものと思われます。

そのため、更新年齢にもよるものの、1年更新による保険料増加というデメリットが生じにくいことが考えられます。

 

楽天生命スーパー定期保険の保険料増加イメージ

こちらは参考情報となりますが、仮に、30歳女性が、楽天生命スーパー定期保険を1年ごとに更新した場合の保険料増加イメージをいくつか紹介しておきます。

なお、あくまでも参考情報となりますので、加入前に楽天生命に直接問い合わせて確認されることを推奨致します。

  • 30歳から34歳まで:月々710円
  • 35歳から39歳まで:月々1,010円
  • 40歳から44歳まで:月々1,300円
  • 45歳から49歳まで:月々1,910円
  • 50歳から54歳まで:月々2,710円

 

保険料の安さでは、楽天生命スーパー定期保険が群を抜いている

楽天生命スーパー定期保険は、1年ごとに保険料が上がるとは限らないため、たとえば31歳や32歳の時に、他の4つの保険会社の保険料と比べると、保険料の安さは楽天生命スーパー定期保険が群を抜いていることが確認できました。

特に、20代や30代といった若年者の方で、安い保険料で大きな死亡保障を一時的に準備しておきたいと考えている場合、楽天生命スーパー定期保険は加入検討の選択肢に入れておきたいものです。

 

保険料の安さを確認するには、やはり保険会社間の比較が大切

これまで紹介した安い保険料のランキングを付ける上で、保険料のシミュレーションを行いましたが、実のところ、50歳女性の場合で同じ条件の下、シミュレーションを行った結果、楽天生命スーパー定期保険の保険料が一番安い死亡保険ではありませんでした。

このような事情も踏まえますと、保険料の安さや保障内容を含め、死亡保険を加入検討する際には、やはり保険会社間の比較をして検討することが大切であると言えます。

楽天生命スーパー定期保険

 

ネット申し込みが可能な5社のポイントを比較

死亡保険の保険料が安い保険会社のランキング上位5社とポイントについて紹介しましたが、これまで紹介したポイントを一覧表にまとめて比較してみます。

保険会社 楽天生命 メディケア生命 SBI生命 アクサダイレクト生命 ライフ

ネット生命

保険料の

安さ

1位 2位 3位 4位 5位
月々保険料 710円 772円 790円 830円 846円
保険期間 1年 10年
リビングニーズ特約 × ×
保険料

払込免除

×
電話健康

相談

×
メンタル

相談

× × ×
医師や医療機関の紹介 × ×

全体的な内容を比較しますと、保険料やサービスなどの面で見ても楽天生命の定期保険は、安い保険料の代表と言えそうです。

なお、メディケア生命は保険料の安さが2位となっているものの、サービスなども含めて総合的に考慮しますと、少なくともメディケア生命よりも3位のSBI生命を選んだ方が得策なのではないかとも考えられます。

 

将来のライフプランを考えた死亡保険選びが大切

将来のライフプランを考えた死亡保険選びが大切

保険料が安い死亡保険に加入することは、保障される期間が限定されているため、将来のライフプランを考えた対策方法として不十分な場合があります。

たとえば、子供が独立することによってお金が一通りかからなくなる時期を考慮したり、死亡した場合の葬儀費用を準備したりなど、これらのことを踏まえますと、保険料が安い死亡保険でまかなうのは難しい可能性があります。

 

収入や所得が低い人ほど、終身型の死亡保険を検討

一般に、収入や所得が低い人ほどお金に余裕が持てていないことから、安い保険料の死亡保険を選んでしまいがちです。

もちろん、それが悪いこととは言いませんが、保険期間が満了して更新する都度保険料が高くなってしまうため、収入や所得が低い人ほど、家計のお金が悪循環になってしまう懸念が高まります。

そのため、収入や所得が低い人ほど、支払保険料が変わらず、かつ、保障が一生涯の終身型の死亡保険を検討したいものです。

 

保険料が安い死亡保険に関するまとめ

死亡保険の保険料が安いランキングを見ますと、上位5社の保険料は大差が無い一方、サービスやその他の保障は保険会社間で違いのあることが分かりました。

死亡保険の加入はライフプランを考える対策方法の1つですが、保険料が安い死亡保険は、家計のお金の流れ(キャッシュフロー)を考えた時、将来の保険料負担が重くなるリスクが高い生命保険です。

そのため、目先の保険料だけではなく、先々も考えた死亡保険選びをすることが極めて重要になります。

 

保険料の見直しはお金のプロに相談するのが一番

保険料の見直しを行うにあたり最も良いのはお金のプロフェッショナルであるFPに相談することです。「みんなの生命保険アドバイザー」では各保険会社の特徴を熟知した専門家FPに無料で相談でき、格安で保障の充実した設計が可能です。 相談の有無によってその後の支払いに大きな差ができますので、ぜひご活用下さい。

みんなの生命保険アドバイザー無料相談はこちら

 

死亡保険に関する以下記事もおすすめ☆