マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

ニーズに沿った自動車保険の賢い選び方。メリットとデメリットを知れば簡単に決まります!

カテゴリー:

著者名

佐藤 元宣

佐藤 元宣

佐藤元宣FP事務所代表CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士、経理実務士

税理士や社会保険労務士といった士業事務所経験と保険代理店を行った経験などを活かし、生活する上で避けて通れない「お金」の相談に幅広く応じている独立系FP。家計の収支状況と専門性を融合したプランニングを提供しています。

この記事のポイント

  • 自動車保険の選び方は、対面型の自動車保険とダイレクト型自動車保険のメリットとデメリットを知れば簡単に決めることができます
  • 自動車保険で欠かせない補償内容(特約)は、弁護士費用特約と対物超過修理費用特約です
  • 自動車免許を取得したばかりの人は、ネット自動車保険に加入するのはおすすめできません。自動車保険等級の引継ぎを検討しましょう

この記事は約5分で読めます。

自動車保険の選び方を迷われている人は多いと思いますが、一言で自動車保険の選び方をお伝えするとすれば、自動車保険のメリットとデメリットを知れば簡単に決まります。

自動車保険は、対面契約する自動車保険(以下、代理店型自動車保険とします)とインターネットから契約加入するダイレクト型自動車保険に大きく分けられます。本記事では、これら2つの自動車保険の特徴を紹介し、ニーズに沿った賢い選び方を紹介していきます。

 

代理店型自動車保険の特徴

代理店型自動車保険の特徴

代理店型自動車保険の特徴は、保険会社の担当者や保険代理店と直接対面しながら自動車保険に加入するタイプの自動車保険です。代理店型自動車保険は、対面による自動車保険の相談をしながら補償内容を決められるため、自動車保険に詳しくない人やしっかりとした補償を希望している人には適した自動車保険と言えます。以下、代理店型自動車保険のメリットとデメリットについて紹介します。

 

代理店型自動車保険のメリット

代理店型自動車保険に加入する主なメリットは、以下の通りです。

  • 対面によって相談をしながら自動車保険を契約できる
  • 自動車事故が発生した場合に対応してもらうことができる
  • 保険加入の申し込みや確認を行ってくれるため、希望している補償をしっかりと付加できる

 

代理店型自動車保険のデメリット

代理店型自動車保険に加入する主なデメリットは、以下の通りです。

  • 自動車保険料が高い
  • 担当者によっては、不要な補償が付加される可能性がある
  • 担当者の知識や技量が乏しい可能性がある
  • 自動車保険の継続契約が断りにくくなる可能性がある(特に、知人・友人の場合)

 

メリットとデメリットの比較ポイント

代理店型自動車保険のメリットとデメリットの比較ポイントは、自動車保険料を重視するのか、補償内容やアフターサービスを重視するのかが大きなポイントになると言えます。仮に、自動車保険に対するご自身のニーズが保険料寄りであれば、後述するダイレクト型自動車保険を検討するのも良いでしょう。一方、確実な補償内容とアフターサービスを希望するのであれば、代理店型自動車保険がニーズに沿っていると言えそうです。

 

ダイレクト型自動車保険の特徴

ダイレクト型自動車保険の特徴

ダイレクト型自動車保険の特徴は、インターネットを通じてご自身で補償を選んで保険契約するタイプの自動車保険です。

ダイレクト型自動車保険は、インターネット割引や代理店に支払う手数料が発生しないため、保険料が安い特徴があるものの、自動車保険の補償選びや加入手続きを誤ることによって、後々、デメリットが大きくなってしまう危険性もあります。

以下、ダイレクト型自動車保険のメリットとデメリットについて紹介します。

 

ダイレクト型自動車保険のメリット

ダイレクト型自動車保険に加入するおもなメリットは、以下の通りです。

  • 自動車保険料が安い
  • インターネット割引など、多くの割引が受けられる
  • いつでも気軽に見積もりを作成して比較検討できる

 

ダイレクト型自動車保険のデメリット

ダイレクト型自動車保険に加入するおもなデメリットは、以下の通りです。

  • 保険契約が自己責任となるため、補償内容に問題があっても気づきにくい
  • 事故対応は、基本的にご自身で行わなければならない
  • 対面相談することができない

 

メリットとデメリットの比較ポイント

ダイレクト型自動車保険のメリットとデメリットの比較ポイントは、やはり、自己責任においてすべて対応できるかどうかが大きなポイントであり注意点とも言えます。

ダイレクト型自動車保険は、代理店型自動車保険に比べると、自動車保険料はかなり安くなるのは確かですが、契約加入と事故対応を自己責任で行わなければならないため、時として思ったような補償が得られない危険性を含むことになります。

 

自動車保険の選び方ポイントまとめ

自動車保険の選び方ポイントまとめ

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険のメリットやデメリットをはじめとした特徴を知ると、どちらの自動車保険が自分のニーズに合っているのかがわかると思います。

選び方を大きく左右するのは、ニーズが支払保険料なのか補償内容とサービスなのかに大きく分類できると思いますが、どちらの自動車保険を選んだとしても決して間違いではありません。

あくまでもニーズに沿った自動車保険に加入することが大切なのです。

 

自動車保険で欠かせない補償内容おすすめは?

自動車保険で欠かせない補償内容おすすめは?

自動車保険で欠かすことができないおすすめプランというのは、加入する人の考え方や所有している自動車の状況によって様々です。そのため、一概にこれがおすすめ、これはおすすめできないと申し上げるのは難しいのですが、せめてこのくらいの特約はあった方が良いのではといったものをいくつか紹介しておきます。なお、特約名称は、保険会社によって異なりますのであらかじめご留意下さい。

 

弁護士費用特約

自動車事故が起こってしまいますと、警察はもちろんですが、弁護士や司法書士、行政書士といった専門家の協力が必要な場合もあります。このような時に、専門家に対して支払う報酬などを補償してくれるのが弁護士費用特約です。弁護士費用特約は、特約保険料も安く、自動車保険の数ある特約の中でも、特に必要な特約と言っても過言ではないでしょう。

 

対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約は、自動車事故によって損害が生じた自動車に対して、相手側から十分な補償を得られなかった場合に、ご自身が加入している自動車保険から補償される特約です。中には、車両保険ですべてカバーできるのでは?と感じる方もおられると思いますが、自動車事故は、過失割合によって、相手から補償される範囲というのは決まってしまいます。そのため、時として相手側から十分な補償が得られない危険性が生じます。

 

過失割合って何?

過失割合とは、発生した交通事故に対する責任割合のことを言います。

実のところ、過失割合というのは、どのような状況で自動車事故が起きたのか?といったことが大きく関係し、このような状況で交通事故が起こった場合は、本人〇%、相手側〇%のように過失割合がほぼ決まっています。様々な交通事故パターンがあり、事故状況を詳しく確認されることによって、過失割合が修正・決定されることになるのです。

 

車両保険は、自動車の新旧や今後の必要性で加入判断する

自動車保険の補償内容を検討する上で、車両保険に加入するのは一般的ですが、保険対象となる自動車の新旧や今後の必要性で加入の判断をすることが大切です。車両保険の対象となる自動車が古い場合や廃車寸前の自動車に車両保険をかけますと、無駄な保険料を負担するだけでなく、保険料も高くなってしまいます。そのため、仮に、自動車事故が発生したとしても修理して引き続き乗るのかなども検討した上で判断することが大切です。

 

初めてネット自動車保険に加入するのは、はたして良いのか?

初めてネット自動車保険に加入するのは、はたして良いのか?

自動車の免許を取得したばかりの方で、初めて自動車保険に加入するのであれば、ネットで加入するダイレクト型自動車保険や代理店型自動車保険の新規加入はおすすめできません。これは、自動車保険の等級制度によって、自動車保険料がとても高額になってしまうためです。そのため、仮に、両親が自動車保険に加入している場合は、両親が保有している自動車保険等級を引継いで自動車保険の補償を確保するのが最も効果的です。

 

自動車保険の選び方まとめ

自動車保険の選び方は、代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の特徴を大まかに知っただけで簡単に選ぶことができます。なぜ、簡単に選ぶことができたのか。その理由は、ご自身の自動車保険に対するニーズをどちらの自動車保険が、より満たせることになるのかが、わかったからではないでしょうか。後は、ニーズを満たす自動車保険の特徴を再確認し、納得できる自動車保険に加入するように心がけておくことが大切と言えます。

自動車保険に関する以下記事もおすすめ☆