マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点とは?安さと補償の良さは両立できません

安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点とは?安さと補償の良さは両立できません

カテゴリー:

著者名

佐藤 元宣

佐藤 元宣

佐藤元宣FP事務所代表CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士、経理実務士

税理士や社会保険労務士といった士業事務所経験と保険代理店を行った経験などを活かし、生活する上で避けて通れない「お金」の相談に幅広く応じている独立系FP。家計の収支状況と専門性を融合したプランニングを提供しています。

この記事のポイント

  • 安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点は、保険等級や補償範囲など、安い自動車保険の条件が、それぞれどのようなことなのか知っておくことです
  • 自動車保険料が安い保険会社は、ダイレクト型自動車保険を販売している保険会社になるため、補償内容よりも自動車保険料の安さを重視するのであれば、代理店型自動車保険ではなくダイレクト型自動車保険を選ぶ必要があります
  • 自動車保険は、保険料の安さと補償の良さは両立できないため、安い保険料を重視する場合は、安物買いの銭失いにならないような注意が必要です

この記事は約5分で読めます。

自動車保険に加入する際、保険料の安さを重視される方も多いと思います。

それは決して誤った考え方ではありませんが、安い保険料で厚みのある補償を得るといったことは残念ながら両立をすることはできません。

そのため、保険料の安さと補償内容のどちらを重視するのかによって、自動車保険の考え方は変わってきます。

本記事では、保険料の安さを重視される方を対象に、安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点を紹介します。

 

保険料が安い自動車保険の条件とは

保険料が安い自動車保険の条件は、以下の通りです。

  • 自動車保険等級が高いこと
  • 運転者限定、ドライバーの年齢限定など、補償範囲が狭いこと
  • 特約を付けないこと
  • 車両保険を付けないこと
  • ゴールド免許であること
  • 自動車保険料の支払いは、年払いで行うこと
  • ダイレクト型自動車保険を選ぶこと

補償内容を全く加味せず、とにかく自動車保険料の安さにこだわる場合、上記条件にあてはまっているほど、保険料は安くなります。

 

安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点

安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点は、前項で紹介した保険料が安い自動車保険の条件が、それぞれどのようなことなのか知っておくことです。

そこで、ここからは、先に紹介した保険料が安い自動車保険の条件について、1つずつ個別に注意点を紹介していきます。

 

自動車保険等級が高いこと

自動車保険には、等級制度があり、等級が高ければ高い程、優良ドライバーと判断されることから、自動車保険料が安くなります。

逆に、等級が低ければ低い程、自動車保険料が高くなり、最低等級である1等級から3等級は、本来支払うべき自動車保険料に12%~64%の保険料が割増されたお金を支払わなければならない決まりになっています。

安い自動車保険を選ぶ前に、自動車保険の等級制度について知ることが大切です。

 

運転者限定、ドライバーの年齢限定など、補償範囲が狭いこと

自動車保険は、運転者限定やドライバーの年齢限定など、保険で補償の対象となる方を限定して補償範囲を狭くすることができます。

保険会社としますと、補償範囲が狭くなればなるほど、保険金を支払わなくてもよい可能性が高まるため、補償範囲が狭く限定されている程、保険料が安くなります。

 

特約を付けないこと

自動車保険は、契約当初から自動的に補償がされる自動付帯とご自身の考えやニーズに基づいて任意加入する特約の2つで構成されています。

この時、特約に加入すると補償の厚みは増すものの、保険料負担が大きくなるものもあるため、特約を付けなければ、保険料負担が少なくて済みます。

ただし、特約の中でも弁護士費用特約など、できる限りあった方が良い特約もあるため、安い保険料を重視しすぎる点に注意が必要と言えます。

 

車両保険を付けないこと

車両保険は、ご自身が保険契約している自動車が事故などで損害を負った場合に保険金が支払われる補償で、加入は任意です。

車両保険を付けると、保険料は大きく増加しますが、交通事故や自損事故を問わず、車両保険に加入していない場合は、ご自身の自動車に対して十分な補償が受けられません。

そのため、車両保険とはどのような特徴があるのかをしっかりと理解した上で、加入の有無を決定するように注意が必要です。

 

ゴールド免許であること

ゴールド免許は、優良ドライバーの証であり、無事故・無違反のドライバーであることを警察が証明してくれているものです。

そのため、ほぼすべての保険会社では、ゴールド免許所持者に対してゴールド免許割引を適用しており、自動車保険の契約の際にゴールド免許であることを申告すれば、自動的に割引が適用される仕組みになっています。

なお、グリーン免許やブルー免許の方に割引は適用されません。

 

自動車保険料の支払いは、年払いで行うこと

自動車保険料の支払いは、年払いでの支払方法や月払いでの支払方法などがあるのですが、年払いで行うことによって保険料が少なくて済みます。

月払いのように分割で支払いますと、月々の保険料を支払うのが楽な一方、同じ補償を得るための保険料に手数料分の差額を多く負担しなければなりません。

年払いと月払いの保険料比較をすることが大前提ですが、無理のない範囲で支払えるのであれば、年払いを選択するようにしましょう。

 

ダイレクト型自動車保険を選ぶこと

自動車保険は、ネットを通じてご自身で加入するダイレクト型自動車保険と保険会社や保険代理店の担当者を通じて加入する代理店型自動車保険にわけられます。

代理店型自動車保険は、代理店手数料など各種経費が保険料に転嫁されているため、ダイレクト型自動車保険に比べて保険料が高い特徴があります。

ただし、いずれの保険もメリットとデメリットがあるため、保険料だけに捉われず、特徴の違いを知った上で選ぶことが大切です。

 

自動車保険料が安い保険会社は、比較して選ぶのが必須

自動車保険料が安い保険会社は、ダイレクト型自動車保険を販売している保険会社になるため、補償内容よりも自動車保険料の安さを重視するのであれば、代理店型自動車保険ではなくダイレクト型自動車保険を選ぶ必要があります。

そして、ダイレクト型自動車保険の中でもさらに安い自動車保険を絞るためには、一括見積サイトなどを活用した比較検討が、時間や手間がかからず効率的だと言えます。

 

自動車保険の仕組上、保険料がどうしても高くなる場合を知ろう

安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点を紹介させていただきましたが、自動車保険の仕組上、保険料がどうしても高くなる場合があります。

それは、年齢が18歳から20歳などで若い場合です。

自動車運転免許を取得したばかりの人で18歳から20歳の場合、年齢によるドライバーの限定やゴールド免許による割引をはじめ、自動車保険等級も低いため、新規に自動車保険に加入した場合は保険料がどうしても高くなります。

 

親から子への自動車保険等級の引継ぎで保険料を削減

自動車保険等級は、保険会社が定めている条件を満たすことによって、親から子へ自動車保険等級を引継がせることができます。

これによって、18歳から20歳などの若い人であったとしても負担する自動車保険料を安くできる方法もあります。

 

自動車保険料の安さを重視しすぎて安物買いの銭失いに注意

自動車保険料の安さと補償の良さは残念ながら両立することはできません。

そのため、自動車保険料を安く設定することはいくらでもできるものの、事故が起きた場合の補償がなされない可能性が高くなることも意識しておく必要があります。

保険料の安さを重視しすぎて、事故発生した時の自己負担が多くなるということは、正に、安物買いの銭失いであり、自動車保険に加入する本来の目的からかけ離れてしまう点に注意です。

 

まとめ

安い自動車保険を選ぶ際の確認すべき注意点は、本記事で紹介した保険料が安い自動車保険の7つの条件を知っておくことです。

また、保険料が安い保険会社は、比較して選ぶことや保険料の安さを重視しすぎて安物買いの銭失いに注意することができれば、保険料が安く、補償がニーズに沿っている自動車保険に加入できる可能性が高くなるでしょう。

自動車保険に加入する本来の目的を再度確認した上で、自動車保険選びをしたいものです。

自動車保険に関する以下記事もおすすめ☆