マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

無審査で即日融資はある?安全に借り入れするための注意点をFPが解説!

無審査で即日融資はある?安全に借り入れするための注意点をFPが解説!

カテゴリー:

著者名

田中 英哉

田中 英哉

2級ファイナンシャルプランニング技能士、上級心理カウンセラー

2級ファイナンシャルプランニング技能士の有資格者。長年のライター経験の中で、お金に関する記事を執筆。日本最大級のソーシャルワークサイトにてプロクラウドワーカー TOPclass認定。ライター部門契約ランキング最高6位。難しいお金の話しを分かりやすく伝える記事は、読者から読みやすいと好評。

この記事のポイント

  • 無審査で融資してくれる金融業者はない。
  • 銀行カードローンは、過剰融資を抑えるために即日融資非対応となった。
  • 消費者金融は土日も含めて即日融資可能。

この記事は約8分で読めます。

無審査で融資をしてくれる金融業者はありません。借金が焦げ付かないために、銀行や消費者金融に関わらず、必ず厳正な審査が行われます。しかし、審査をクリアすれば即日融資対応してくれる業者は数多く存在します。

今回は、今すぐお金が必要な人に役立つ情報として、安全かつスピーディーに借入れできる業者を紹介します。闇金被害に遭わないための注意も含めて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

無審査で即日融資可能なキャッシングには要注意

無審査で即日融資可能なキャッシングには要注意

無審査で即日融資可能だという業者には気を付けましょう。インターネットを見ていると、誰でも審査なしで借入できるというキャッチコピーや口コミを目にすることがありますが、無審査で融資しているならブラック業者です。まずは安全に借入れするために知っておきたい基礎知識を紹介します。

 

そもそも無審査の借り入れは存在しない

最初に押さえていただきたいことは、無審査で融資してくれる金融業者は存在しないということです。生命保険料を担保とした契約者貸付などの例外はありますが、無担保無保証人のローンにおいて無審査ということはありえません。

借金が焦げ付くと融資する側の損害になりますし、安易な融資で多重債務を生まないよう、利用者保護の観点からも無審査融資はありえないのです。

 

無審査ローンは闇金

もしも無審査ローンというキャッチコピーを見れば、闇金だと疑って、利用しないよう肝に銘じておきましょう。闇金は違法業者であり、関わってしまうと借金の無限ループに陥る可能性が高いです。

法外な金利での融資や違法な取り立てによって利用者を苦しめるため、一度関わってしまうと借金生活からの立て直しが難しくなるのです。脅迫や暴力行為がなければ、民事不介入の警察に相談しても対応してくれませんので、搾取され続けることになり得ます。(弁護士や司法書士に相談しましょう。)

 

中小消費者金融と闇金は違う

中小消費者金融のことを俗称で街金と呼びますが、街金と闇金を混同している人がいらっしゃいます。闇金が街金のフリをして勧誘していることも多いため、混同してしまうことも無理はありません。

しかし、街金と闇金は根本的に異なります。街金は正規の消費者金融ですが、闇金は違法業者です。闇金は避けなければなりませんが、街金は計画的に利用しても構いません。

 

闇金を見分ける方法

闇金を見分ける方法

安全にお金を借りるために、闇金の見分け方を知っておきましょう。闇金は巧妙に利用を促してきます。今すぐお金が必要な時には冷静な判断ができず、闇金に手を出すリスクがありますが、見分け方さえ知っておけば引っ掛かる心配はありません。では、闇金の見分け方について具体的に紹介します。

 

法定金利かどうか

貸金業法(改正貸金業法)では、金利の上限は20%と定められています。もしも20%を超える金利で融資を持ちかけられた場合は、闇金であると判断ができます。

具体的には以下のような上限金利が儲けられていますので、把握しておきましょう。

元本 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

 

固定電話番号が告知されているか

固定電話番号が告知されているかどうかも、見分け方のポイントです。貸金業登録を受けるために、事業者は固定電話番号の登録をしなければなりません。しかし貸金業登録ができない闇金は、固定電話番号を登録していません。

結果的に携帯電話のみの告知を行っていますので、闇金であると判別が可能です。090金融や080金融と呼ばれる闇金があるのは、このことが理由です。

 

胡散臭いキャッチコピー

胡散臭いキャッチコピーにも気をつけましょう。「100%融資します」「誰でも借りれます」「絶対貸します」「無審査で貸します」「無職でも貸します」など、甘い誘惑で利用者獲得を狙ってきますので、キャッチコピーに騙されないことが大切です。

先述の通り、無審査で融資してくれるところはありませんし、審査がある以上必ず借りれるという保証はありません。誰でも絶対に借りれるというようなキャッチコピーは、その時点で怪しい業者と考えましょう。

 

登録番号があるか

貸金業者であれば貸金業の登録番号や日本貸金業協会会員番号を持っています。違法業者である闇金は登録番号を持てませんので、登録番号があれば正規業者であると判断可能です。

ただし、でたらめな登録番号を広告媒体に載せている闇金もあります。本当に正規の登録業者かどうかは、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」で検索しましょう。検索ヒットすれば正規業者です。

 

 

安全に借りるなら銀行カードローン

安全に借りるなら銀行カードローン

安全にお金を借りるなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低く設定されている上、銀行ブランドの安心感もあります。もしもローンカードを誰かに見られても、銀行のカードであれば借金を知られにくいため、プライバシーに留意しやすいです。

メガバンクだけでなく、地方銀行やネット銀行までほとんどの銀行がカードローンサービスを提供しているため、計画性さえしっかりと立てれれば気軽な借入れが可能です。

 

銀行カードローンは即日融資していない

銀行カードローンは即日融資に対応していません。これまで即日融資対応の銀行カードローンはいくつも存在したのですが、現在は非対応に変わっています。無担保無保証人で手軽に借り入れできる銀行カードローンは、過剰融資が指摘されるようになり、審査が厳しくなりました。その一環として2017年1月以降、即日融資を取りやめています。

全国銀行協会が貸付自粛制度を導入するのは、銀行カードローンの過剰融資が問題視されているからだ。超低金利の長期化で銀行は利ざや(貸出金利と預金金利の差)の縮小に苦しんでおり、数%~十数%と高い貸出金利が見込めるカードローンは貴重な収入源。金融庁の厳しい指導を受ける中、規制強化を防ぐため自助努力を急いでいる。

引用:産経新聞 銀行カードローンに厳しい目過剰債務、規制強化対策へ自助努力

 

申し込みから最短翌営業日融資の銀行カードローン

最短即日融資ができないからと言って、スピード対応をしないわけではありません。最短即日とはいかないまでも最短営業日融資であれば利用が可能です。最短翌営業日融資に対応している銀行カードローンは以下の通りです。

カードローン名 金利 限度額
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~年14.5% 最高800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~年14.6% 最高500万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~年14.5% 最高800万円

それぞれの特徴をカンタンに紹介いたします。

 

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、年1.9%~年14.5%の金利で最高800万円まで借入れ可能です。スマートフォンでカンタンに申し込みが完結するほか、コンビニATM手数料が無料、普段利用している銀行口座で活用できるため、口座を開設が不要です。

パソコンや携帯電話で24時間取引ができるため、便利な利用が可能です。最短翌営業日融資とスピーディーな金策ができるため、急ぎの人も安心でしょう。

楽天銀行公式サイトはこちら

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、当行口座がなくても申し込める上、インターネットから24時間365日受付しています。年1.8%~年14.6%の金利で、10万円から500万円の限度額ですので、まとまったお金が必要な人や少額融資を希望する人まで幅広く対応してくれます。

全国の三菱UFJ銀行やセブン銀行ATMのほか、イーネット、ローソン銀行ATMで取引ができますので、便利に活用可能です。

三菱UFJ銀行公式サイトはこちら

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、年4.0%~年14.5%の金利で最高800万円まで利用できます。来店不要のWEB申し込み対応や、最少返済額が2,000円と少額であることなど、手軽に利用できるサービスを提供しています。

また、返済方法がATM、ネットバンキング、口座振替の3つから選べることや、返済日を5日、15日、25日、月末の4つから選べるなど、利用者目線に立ったサービスとなっています。

三井住友銀行公式サイトはこちら

 

 

消費者金融なら最短即日融資が可能

消費者金融なら最短即日融資が可能

消費者金融の場合は即日融資対応が可能です。大手消費者金融の場合は土曜日・日曜日・平日を問わず即日融資に対応してくれますし、中小消費者金融も即日融資対応の業者は存在します。ここでは急いでいる際におすすめの消費者金融を紹介します。計画的な利用を前提にご覧ください。

 

即日融資可能な大手消費者金融

大手消費者金融は、銀行カードローンよりも高い金利設定となっていますが、審査難易度は銀行よりも低いと言われています。消費者金融ごとにオリジナルなサービスを提供していますので、ぞれぞれ見ていきましょう。

消費者金融名 金利 限度額
アコム 3.0%~18.0% 最高800万円
プロミス 4.5%~17.8% 最高500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 最高800万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円

 

アコム

アコムは3.0%~18.0%の金利で、最高800万円まで借入れ可能です。「はじめてのアコム」とテレビCMで謳われている通り、初めて利用する場合には30日間の無利息サービスがあるため、短期間の借入れが有利です。

また、全国各地に1,000台以上の無人契約機が設置されているほか、アコムACマスターカードというクレジットカードを発行するなど、便利なサービスを提供しています。

アコム公式サイトはこちら

 

プロミス

プロミスは4.5%~17.8%の金利で、最高500万円まで融資しています。アコム同様に30日間の無利息サービスや最短即日対応となっているため、使い勝手が良い消費者金融として知られています。

スマホアプリを利用してカードレスの借入れができる「アプリローン」や、900台以上の無人契約機など、特徴的なサービスを提供しています。

【プロミス】実質年率『4.5%~17.8%!』
来店不要で即日回答!24時間申込OK!

 

SMBCモビット

SMBCモビットは、3.0%~18.0%の金利で、最高800万円まで借りられます。SMBCモビットは、Tカードとローンカード、クレジットカードが一体型となった「Tカードプラス(SMBCモビットnext)を発行しており、Tポイントを貯めたり、キャッシュレスでの買い物を実現させてくれます。

申込み後にフリーコール(0120-03-500)に連絡すると即日融資対応となりますので、急ぎの場合にコールしましょう。

≪SMBCモビット≫申込〜利用までワンストップ対応!PC・スマホからWEB完結☆

 

アイフル

アイフルは3.0%~18.0%の金利で、最大800万円まで借入れ可能です。アイフルも30日間無利息サービスの利用ができますので、初めての借入れは有利です。

800台以上の無人契約機や、女性専用オペレーターの設置、サイト上で借入れ目安を1秒診断してくれるなど、ユーザーベネフィットの高いサービスとなっています。最短即日融資対応となっていますので、素早い金策が可能です。

フリーローンのアイフル

 

即日融資可能な中小消費者金融

即日融資可能な中小消費者金融を紹介します。街金と呼ばれる中小消費者金融は、大手消費者金融よりも金利が割高ですが、審査難易度は低いと言われていますので、お金に困った時の最後の手段にする人が多いです。

ここでは即日融資可能な中小消費者金融の中から、全国対応している業者を一覧にまとめます。

消費者金融名 金利 限度額 特徴
アルコシステム 15.0%~20.0% 50万円 創業1983年の老舗
キャネット 15.0%~20.0% 500万円 24時間ネット受付
キャッシングのフタバ 14.959%~17.950% 50万円 30日間無利息サービス
フクホー 7.3%~18.0% 200万円 セブンイレブンで即日契約書類の受取可能

 

節度を持った利用が大切

ここまで即日対応可能な無担保ローンを紹介しましたが、これらの利用は計画的であることが前提となります。金策が必要な場合に一時的に利用するのは効果的な方法ではあるものの、無担保ローンは金利が割高でです。無計画に借りてしまうと多重債務に陥りやすいので、無理のない範囲で利用しましょう。

 

無審査&即日融資の金融業者に関するまとめ

無審査で即日融資をしてくれる金融業者はありませんが、審査を前提に即日融資をしてくれる金融業者はいくつも存在します。翌営業日融資まで条件を広げれば、銀行カードローンの利用もできますので、無理のない範囲で計画的に活用しましょう。

また、中小消費者金融から借入れする場合には、闇金に引っ掛からないように注意が必要です。いずれにせよ無担保ローンは高金利ですので、急場しのぎの手段に留めることが大切です。

カードローンに関する以下記事もおすすめ☆