マネタス

40代独身の現実とは?未婚男性・女性の特徴&お金事情をFPが徹底調査

40代独身の現実とは?未婚男性・女性の特徴&お金事情をFPが徹底調査

カテゴリー:

著者名

婚活FP山本

婚活FP山本

CFP®、一級FP技能士

山本FPオフィス代表。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年8月、山本FPオフィスを設立し、同代表就任。 現在は日本初の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しながら婚活中の方や結婚直後の方など、主に比較的若い方のご相談を承っています。また「農業FP」としても活動をはじめ、独立10年を機に「後輩育成」にも力を入れています。詳細は「婚活FP」でご検索を。

この記事のポイント

  • 40代独身は少ないが、珍しくはない。
  • 女性は結婚へ動かず、男性は結婚が他人事。
  • 40代なら婚活より年収アップが重要!

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、婚活FP山本です。最近では40代でも独身という方が増えたと言われているため、40歳を過ぎても結婚を真剣に考えない方も増えつつあります。一方、真剣に婚活に励んでいるのに、一向に実らない方も多いのが実情です。

一体、40代で独身の方はどのような方々で、そしてどのような未来になるのでしょうか……。そこで今回は、40代で独身の男女の特徴やお金事情についてお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

 

40代での未婚は男性約28%、女性約19%

40代での未婚は男性約28%、女性約19%

まずは、40代での未婚者の割合についてお伝えします。総務省の2015年「国勢調査」によると、40代の未婚割合は以下の通りです。合わせて、50歳時点の未婚率(旧生涯未婚率)もお伝えします。

  • 40代前半男性:29.9%
  • 40代後半男性:25.8%
  • 50歳時点男性:23.4%
  • 40代前半女性:20.3%
  • 40代後半女性:17.3%
  • 50歳時点女性:14.1%

およそ男性なら4人に1人、女性なら5人に1人が40代でも未婚という結果です。またパーセントの下がり具合を見ると、40代で結婚する人は「けして多くない」とも言えます。結婚したくない人にとっては朗報と言える結果かもしれません。

ちなみにこの未婚率は、将来的に上昇していくと予測されています。つまり、これからはドンドン独身者が増えていく訳です。これこそが日本の少子化の原因でもあるのですけどね。まずは、こんな現実を知っておきましょう。

 

割合で言えば「少ない」と言えるが……

男性なら4人に1人、女性なら5人に1人が40代で独身ということは、逆に男性なら4人に3人、女性なら5人に4人は結婚している訳です。単純な割合で言えば、やはり40代での未婚者は「少ない」と言えます。少なくとも少数派なのは間違いありません。

一方、20~25%もの方が対象となると、けして「珍しい部類」とも言えません。実際、最近では「おひとり様」を狙ったお店もよく聞く時代です。ひとまず、独身でも肩身が狭くなることは少なくなるでしょうね。

 

結婚していない女性の特徴は「動かない」?

結婚していない女性の特徴は「動かない」?

次は、結婚していない40代女性の特徴をお伝えします。まずは「婚活的な行動を取らない」のが特徴的です。まだまだ結婚願望を持っていることが多いものの、その割には白馬の王子様を待ち続けるかのように、特に何も行動を取らない傾向にあるといえます。

また、一部の方は婚活に励んでいるものの、「自分の市場価値の低下」や「恋愛と婚活の違い」を理解していないことが多いのも特徴的です。その結果、20代の頃のような立ち振る舞いや上から目線の選別をして、一向に婚活が実らない傾向にもあります。

簡単にまとめれば、「自発的な動きがない、動かない人」が多いです。心当たりのある方は改善を心掛ける一方、できれば40歳を超える前から動いていきましょう。

なお、婚活での決め手が気になる方は以下記事も参考にどうぞ。

 

「問題を理解していない」という原因も多い

結婚願望がある独身の40代女性は、「問題を理解していない」のが結婚できていない原因であることも多いです。例えば「婚活的な行動を取らない」のなら、当然に婚活すれば良いのですが、そういった努力を避ける傾向にあるともいえます。

延々と結婚を希望しながら独身人生を歩むのもアリですが……そんな人生を希望する人は滅多にいません。滅多にいないハズなのですが、自らそのような人生を選んでいるのが独身の40代女性の特徴かもしれません。

 

「生活が不安」という悩みから結婚したい女性は多い

「生活が不安」という悩みから結婚したい女性は多い

今度は、40代独身女性のお金事情についてお伝えします。まず年収については様々ですが、基本的に低年収であることが多いです。そして将来や生活が不安だからと悩み、結婚したいと考えている女性が多いといえます。少なくとも、女性なら当然の本能でしょうね。

ただし自分自身が低年収だからこそ、男性に高い年収を求めてしまう結果、延々と婚活が実らない傾向にあるのも現実です。また多少の年収があっても、婚活や寂しさを紛らわせるためにお金を使い、貯金も多くないことも多いといえます。

最近では未だに実家暮らしという方も多く、少なくとも独身貴族を満喫しているような方は少数派です。どちらかと言えば貧困気味の方のほうが多いといえます。心当たりのある方は、何らかの対処法を取っていきましょう。

 

年収が高くても結婚を求める女性もいるが……

中には、年収が高くても結婚を求める40代女性もいます。比較的よく聞く代表例は「女医・看護師・女性経営者」あたりでしょうか。しかし女性は「自分より年収の高い男性」を選びがちであり、年齢も重なって婚活がうまくいかないことも多いのが実情です。

もっとも、自分の年収が高い女性は男性を頼る必要性が弱いですから、そこまでガツガツしていないことが多いと言えます。それがまた魅力になることも多いですから、やはり今は女性も年収を上げるべき時代と言えそうです。

 

未婚中年男性の心理は「結婚は他人事」

未婚中年男性の心理は「結婚は他人事」

今度は、40代独身男性の特徴についてお伝えします。まず女性とは違い、男性は40代ともなると結婚願望が無くなっている方が多いです。結婚願望がある方や相応の魅力を備えた方なら40歳になる前に結婚しており、そうでないから結婚していないのが40代独身男性といえます。

中には婚活に励む方もいるものの、40代ともなると同年代を狙う男性は少数派で、多くの方は「年の差婚」を狙っているのが現実です。もちろん年の差婚ができる男性は極めて少なく、多くの人は同年代を狙っても厳しい方々ですから、結婚が実現することは中々ありません。

簡単にまとめれば、未婚中年男性の心理は「結婚は他人事」と言えます。その男性を相手に待ちの姿勢でいれば、女性が結婚できないのも納得できるのではないでしょうか。女性は男性を理解しつつ、男性は男性で改善を図っていきましょう。

 

恋愛に不慣れという特徴もありがち

若ければ基本的にモテる女性とは違い、多くの男性はモテません。40代で独身の男性は、女性と一度も付き合ったことが無いほど恋愛に不慣れという特徴もありがちです。だからこそ結婚など他人事で、婚活しても本気で年の差婚が狙えるものと考えています。

恋愛上の成功体験がないまま40代を迎えるほどの時間が経ってしまったのなら、仕方ない傾向かもしれません。ひとまず、このような40代独身男性の特徴について、しっかり抑えておきましょう。

 

 

良くも悪くも女性を頼る心理がない男性達

良くも悪くも女性を頼る心理がない男性達

今度は、40代独身男性のお金事情をお伝えします。やはり、40代独身男性は年収が低いことが多いです。年収が低いからモテず、当人も結婚はムリと考えていることが多いといえます。がんばっても中々年収が上がらない時代ですが、何とも残酷な話かもしれません。

ただ、女性と比べれば相応に年収が高い独身男性も多めにいます。独身でいる理由は、大きく「結婚する気がない」か「高い年収を打ち消すほどの欠点がある」かのどちらかです。もっともお金さえあれば何とでもなる時代ですから、このまま独身でもいいのかもしれません。

そして、どちらにしても良くも悪くも女性を頼る心理がないのが男性といえます。年収が低い男性は当然に、年収が高い男性でも女性がいたほうが何かと頼れるのですが……。これが未だに残る、やっかいな「男のプライド」と言えそうです。

なお、平均年収が気になる方は以下記事も参考にどうぞ。

 

「子供が欲しい」本音は若い子がいいだけ?

婚活中の男性の中には、「子供が欲しい」を理由として若い女性との結婚を望む方が少なくありません。しかし実際の本音としては、単に若い女性と結婚したいための口実に使っていることも多いといえます。しかも、その言動は男性の年収を問いません。

つまり、年収の低い男性でも上記の言葉を使うわけです。そしてその結果、本当に子供が産まれて困窮する方も耳にすることがあります。時には年収を偽る男性もいますから、女性は注意するとともに、男性は本当に生まれたら育てていけるのかをしっかり考えましょう。

 

結婚は望みが薄い。男女とも年収アップが重要

結婚は望みが薄い。男女とも年収アップが重要

最後に、40代で独身の方へ大切な補足情報をお伝えします。先ほども触れた通り、40代の方が結婚できる可能性はゼロではないものの低く、望みが薄いのが実情です。そのうえで年収が低い場合は貯金額も、そして将来的な年金額も低くなってきます。

このため、やはり男性・女性は問わず、40代ともなれば婚活よりも年収アップが重要です。特に最近は、40代でもリストラ対象になってしまう時代ですから、尚更といえます。もしかしたら明日、クビを言い渡されるかもしれませんし、その可能性もゼロではありません。

副業、転職、資産運用、資格取得、あるいは起業……やれることは色々とあるはずです。40代になるまで勤めたのに相応の年収をもらえていないのなら、今後も状況は変わらない可能性が高いといえます。ぜひ自発的に状況を変化させ、年収アップを狙っていきましょう。

なお、他業界への転職を考えている方は以下記事も参考にどうぞ。

 

結婚への余裕が良縁に繋がることもある!

年収が高い人は、結婚するもしないも自由な一方、その余裕が良縁に繋がることもあります。少なくとも、年収が高くなって損をすることなど一つもありません。そして、年収を高くするための努力についても、仮に年収が上がらなくても別の形で役立つことも多いです。

40代といえば、世間では中年に位置しますが、まだ現役時代を折り返したばかりですし、人生100年時代で考えれば半分にも到達していません。本当に、まだまだ人生これからが勝負です。改めて自分の人生を再設計するためにも、年収を上げる努力に励んでいきましょう。

 

独身40代は人生の選択と集中が大切!

独身40代ともなれば、人生の選択と集中が大切です。結婚するのかしないのか、するなら全力で婚活し、しないなら全力で年収アップに励むことが大切といえます。

のんびりしていると、あっという間に50代になり、さらに色々困難になりかねません。人生でもっとも若い今日から、まずは今後について真剣に考えてみましょう。

 

まずは行動!ゼクシィから生まれた新しい形の結婚相談所に登録してみませんか?

「ゼクシィ縁結びエージェント」は、リーズナブルに始められる手軽さとリクルート運営という安心感から2015年サービス開始にも関わらず既に紹介対象会員数は23,400人を突破。今、最も勢いのある結婚相談所です。

“マッチングエージェント”があなたの出会いを徹底的にサポートするので、入会した方の10人に8人が1ヶ月以内に出会っています。まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかが?

ゼクシィ縁結びエージェントで無料カウンセリングを予約する

 

婚活に関する以下記事もおすすめ☆