マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

結婚相手に必要な年収はあなた次第!?婚活FPが語るその考え方とは

カテゴリー:

著者名

婚活FP山本

婚活FP山本

山本FPオフィス代表。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年8月、山本FPオフィスを設立し、同代表就任。 現在は日本初の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しながら婚活中の方や結婚直後の方など、主に比較的若い方のご相談を承っています。また「農業FP」としても活動をはじめ、独立10年を機に「後輩育成」にも力を入れています。詳細は「婚活FP」でご検索を。

この記事のポイント

  • 結婚相手に必要な年収は、「年収以外」が大切
  • 年収が高い男性だからこその欠点も重要
  • 男性目線、市場価値を考えた婚活がポイント

こんにちは、婚活FP山本です。

女性が結婚を考える場合、どうしても「お相手男性の年収」って気になりますよね。そんなに高い年収を求める気はなくても、人生なにがあるか分かりませんし、お金さえあれば何とかなるでしょうから、やっぱり高い分には嬉しいでしょう。

でも、数々の既婚者と婚活中の男女を見てきた筆者には、年収ばかり気にする結婚は危険かと。

そこで今回は、結婚を取り巻く「年収の考え方」をお伝えします。どうぞ、お役立て下さいませ。

結婚相手に必要な年収は自分と合算の世帯額で

まずは結婚と年収の基本についてです。最近は「共働き」が一般的になっていますから、おのずと男性の年収とともに「女性の年収」も大切になります。そして最終的に結婚したら、夫婦の年収を合わせた「世帯年収」がモノをいうようになってくるのが現実です。

つまり、あなた自身がそれなりにしっかり稼げるのなら、その分だけお相手男性に必要な年収を下げることも可能になります。

女性として、自分より年収が低い男性はイヤだと考える方も多いですが、ひとまず必要性という点ではこのように考えることも可能でしょう。

もう少し言えば、結婚後の「あなた自身の労働意欲」はいかがでしょうか?あまり働きたくないのがホンネなら、やはり年収の高い男性を探すしかないかもしれませんね。

 

仮に相手の年収300万円でも大丈夫

あなたのキャリア意識が強く、お金を男性に頼るつもりが弱いなら、たとえ年収300万円の男性でも結婚できるでしょう。そして、年収の低い男性は代わりに「家事や育児に協力的なことが多い」ので、むしろ良好な夫婦関係を築きやすいかもしれません。

そして年収300万円の男性でも、あなた自身が年収300万円上げることを考えれば、よっぽど簡単な「世帯年収アップ方法」になりますから、結婚したほうが得でしょうね。

 

結婚に必要な年収は「願望次第」

次に結婚相手に本当に必要な年収についてです。とどのつまり、結婚相手に必要な年収は「あなたの願望次第」で違ってきます。

簡単にいえば、結婚したらそれなりに裕福な暮らしがしたいのか、それとも質素でも食べていければいいのか、このあたりが分かれ目です。

もう少しいえば、例えば「欲しい子供の数」一つをとっても大きく変わります。平均的な子供の教育費は、幼稚園から大学卒業までで子供ひとりあたり1300~1500万円です。一人違うだけでこれだけ違いますし、昔のように3人くらい欲しいのなら、年収1000万円の男性でも厳しいかもしれません。

一般的な女性からは「普通でいい」という声をよく聞きますが、その普通の中身は女性によってバラバラです。まずはあなた自身の願望をじっくり考えてみましょう。

 

だから結婚できる年収は変わってくる

当然ながら、願望は人によります。このため、結婚相手に必要な年収も女性によって変わってくるのが実情です。年収1000万円でも足りないこともあれば、年収300万円でも大丈夫ということも多々あります。少しだけ「結婚後の生活」をイメージしてみましょう。

少し余談ですが、最近は「人生100年時代」と言われながらも、サラリーマンには「定年」があります。可能な限り、先々まで見据えたうえで必要な年収を考えてみましょう。

 

結婚で大切なのは年収より「生活余力」

そして、結婚において年収より大切なお金についてです。一般的な個人の経済力は年収で考えるものですが、実はそれよりも「生活余力」のほうが大切といえます。生活余力とは、簡単にいえば「月々の貯金額」です。事前に確認するのは難しい部分といえますけどね。

なぜなら、個人の生活水準というのは上げるのは簡単ですが、下げるのは想像以上に大変です。このため、あなたと結婚して物入りになったからといって、簡単には生活水準は下がりません。ちなみにこれは、転職や定年などで年収が下がったとしても同じです。

その一方、結婚したら教育費や住宅費(の頭金)などを筆頭に、様々なことにお金が必要になります。お相手男性に貯金グセがなかったら……どうやって支払えばいいのでしょうね。

 

年収1000万円、生活費も1000万円なら?

仮にお相手男性の年収が1000万円ながら、生活費としても1000万円使う人なので貯金がなければ、いかがでしょうか?生活の余力が一切ないわけですから、ちょっとした予定外の支出にも対応できないことになります。それでも、あなたは年収だけを気にしますか?

少し余談ですが、年収1000万円程度の独身者の約4割は「貯金ゼロ」という統計もあります。年収が高ければ安心……とは言い切れない点を、しっかり理解していきましょう。

 

結婚生活は年収が高くても成立しない!?

さらに、結婚後の共同生活と年収についてです。そもそも、結婚前の女性が男性に年収を求めるのは当然ですが、では実際に年収の高い男性と結婚した女性は幸せになっているのでしょうか?あなたの周囲でも、そうとは言い切れない女性もいるのではないですか?

確かに年収が高いほうが、お金があるほうが、生活は豊かになります。欲しいものは手に入りますし、子供にも沢山お金が使えるのが実情です。何か事故やトラブル、災害などに会ったとしても、お金があるほどに穏便に解決できるでしょう。

しかし一方で、自宅の中ではお金があっても使いません。それよりも「相手を思いやる心」や「コミュニケーション力」などのソフト面のほうが大切ではないでしょうか。

 

自宅の中でお金って必要?

たまのデートと共同生活は全然違います。そしてデート中なら少々不満があっても、お金さえ出してくれれば幸せを感じられることもあるでしょう。しかし自宅内では、そういうフォローができませんから、段々と年収よりも性格面が気になる女性はたくさんいます。

そればかりか、同じ屋根の下で暮らしていれば逃げ場がありませんから、一度でも相手がイヤになれば、それは悪化するばかりです。この辺りを、ぜひ一度考えてみませんか。

 

結婚相手を年収で選んで失敗した女性多数!

今度は、結婚相手を年収で選んで失敗した事例をお伝えします。そもそも「年収が高い男性」は、ただ年収だけが高いわけではありません。一般的な傾向として、年収が高い男性は「プライドも高い」ことが多く、あまり女性の話は聞き入れてくれません。

そして仕事が忙しく、出張なども多いこともあるので、自然と「あまり家にいない」傾向にあります。女性としては寂しく感じることも多いですね。そして何より、年収が高い男性は女性にモテ、また「英雄色を好む」ことも多いので、おのずと不倫の可能性も高いです。

その上で女性が専業主婦にでもなってしまえば、男性が「暴君と化す」こともよくあります。年収が高いことは、必ずしも良いことばかりとは言えないかもしれません。

 

現実として年収で幸せは買えない!

確かに、年収が高いほうが生活は豊かになりますし、ひいては愛情もうるおうかもしれません。しかし一方で、年収が高いからこその弊害もあります。このため、現実として年収で幸せは買えない、少なくとも物欲以外の欲求は満たせないこともあるので注意が必要です。

年収が低い女性ほど、年収の高い男性を求めがちですが、この辺りも理解したうえで男性を選んだほうがいいかもしれませんよ。

 

男性の結婚に年収は必要。では女性は?

結婚では、女性が男性に年収を求めるのは自然です。では逆に、男性は女性に何を求めるものでしょうか?料理の上手さ?気遣いの上手さ?それとも趣味が合うかどうか?いえいえ、違います。一般的な男性は、女性には「若さや美しさ」を求めるのが現実です。

もちろん、男性が若い女性と結婚しても、それで幸せになれるかどうかは別問題になります。しかしそれでも、女性が男性にまず年収を求めるのと同じく、男性は女性にまず若さを求めるわけです。そして結婚は「等価交換」が基本なので、年収を求めるほどに若さや美しさが必要になります。

このため、あなたが男性に年収を求めるほどに、結婚そのものへのハードルが高まりますから、自身の市場価値も考えたうえで男性を選んでいきましょう。

 

結婚相手の年収は判断材料の一つとして!

女性が結婚相手に年収を求めるのは自然ですが、それだけで選ぶと失敗する可能性が高く、そもそも結婚できない可能性も高まります。年収はあくまで「判断材料の一つ」と考えて、性格などもちゃんと見ながら、最終的にステキな男性と結婚しましょう。

 

こちらもおすすめ☆