マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

結婚で妥協するのは不幸の始まり?婚活FPが語る勘違いな捉え方とは

結婚で妥協するのは不幸の始まり?婚活FPが語る勘違いな捉え方とは

カテゴリー:

著者名

婚活FP山本

婚活FP山本

CFP®、一級FP技能士

山本FPオフィス代表。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年8月、山本FPオフィスを設立し、同代表就任。 現在は日本初の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しながら婚活中の方や結婚直後の方など、主に比較的若い方のご相談を承っています。また「農業FP」としても活動をはじめ、独立10年を機に「後輩育成」にも力を入れています。詳細は「婚活FP」でご検索を。

この記事のポイント

  • 結婚相手を妥協する前に、自分の市場価値は?
  • 妥協すべきは年収など「見やすい点」
  • 妥協できない末路は「老後破産」

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、婚活FP山本です。結婚や婚活でポイントにされがちな事の一つに「妥協」が挙げられます。

想像していた理想の男性とは出会えない、出会えても相手にされない、いい加減に妥協しなきゃ……誰もが一度は考える事です。

でも、大抵の人が考える結婚相手に対する妥協は、実はピンボケした勘違いということが多々……。今回は、婚活FPである筆者が結婚を取り巻く妥協のリアルをお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

 

結婚市場での妥協は必要悪?

結婚市場での妥協は必要悪?

まずは結婚市場の妥協のリアルに触れておきます。当然ながら結婚市場にいる人は、皆が「結婚したい人」です。でも、自然恋愛・自由恋愛では出会えなかった……そういう人たちになります。人間には色んな好みや相性もありますから、これはこれで自然でしょうね。

ただ、自然恋愛などと結婚市場を比べると、一つだけ大きな違いがあり、それが「出会う数の多さ」です。自然恋愛なら日常行動の範囲で出会う少ない中から互いに相手を選びます。でも結婚市場に来ると、何万という膨大な数の中から互いに異性を選ぶことになる訳です。

時間的にも体力的にも、とても気になる全ての異性となど出会えません。また相手も人間ですから、何か一つは落ち度があって普通です。妥協ナシで、結婚にたどり着くでしょうか。

 

結婚市場に来ても大半は妥協しない

実際のところ、結婚市場に来ても大半は妥協などしません。これだけいるのだから、探せばいつか見つかるハズ……。本気でこう考え、延々と妥協も結婚もできずに年齢を重ねているのが実情です。「妥協したらすぐ相手が見つかるハズ」というのを心の拠り所にして。

完璧な人間などこの世におらず、欠点を妥協ではなく「受け入れて」こその結婚です。妥協という言葉は悪と捉えられがちですが、ぜひ必要悪だと考えて婚活に励みましょう。

なお、特に年収で妥協できない場合の末路が気になる方は以下記事も参考にどうぞ。

 

結婚は妥協ではなく冷静な自己分析から

結婚は妥協ではなく冷静な自己分析から

次に、結婚にまつわる妥協の立ち位置をお伝えします。結論から言えば、「結婚には妥協が必要」というのは誤りです。妥協の前に、まず「冷静な自己分析」の方が重要になります。結婚を受験や就職と置き換えるとイメージしやすいかもしれませんが、いかがですか?

受験で言えば、妥協とは例えば東大を狙えるか否かの人が慶應や早稲田、青学などに行くことを言います。格下の大学すら怪しいレベルの人が、妥協などできるでしょうか?格下の大学から大量の推薦状を貰えても、それが「自分は東大を狙えるハズ」とはならないハズです。

合わせて言えば、男性にとって恋愛と結婚は別物なので、いくら恋愛でモテても結婚には直結しません。一度、冷静に「自分の市場価値」を考え、そのうえで婚活に励みましょう。

 

年齢・年収などの「数字」で考えよう

受験では「テストの点数」という数字が前面に出ますが、婚活では「都合の悪い自分の数字」は棚上げしがちです。さしずめ女性なら年齢、男性なら年収でしょうか。そして本人がどれだけ他の部分を力説しようとも、まずは数字で評価されてしまうのが婚活といえます。

就活では「大手企業しか狙わない」人も多いですが、その市場価値がある人はどれだけいるのでしょうか。まずは相手の前に、自分の価値を冷静に判断するところから始めましょう。

 

妥協はするものではなく「される」もの

妥協はするものではなく「される」もの

もう一つ、結婚で大切な妥協の立ち位置をお伝えします。結論から言えば、結婚での妥協はするものではなく「されるもの」です。結婚は一方が一方的に相手を選んでするものではなく、相手からも選ばれてこそ成立します。そして、この世に完璧な人間など存在しません。

誰にだって、あなたにだって確実に何らかの落ち度や欠点、周囲より劣る部分があり、相手はそれを承知して選んでくれました。多くの男性が完璧な女性を望むなら、あなたは結婚できるでしょうか……。妥協とは、すでにそれが「上から目線」な点に注意しましょう。

仮に本当に妥協して選んだ、選べたとしても、いつまでもそういう目線、扱いに耐えられる人は中々いません。異性を雑に考えるうちは、結婚に至らないと心得ておきましょう。

 

忘れがちな「選ばれる視点」への意識を!

どんなに完璧な品でも選ばれなければ話にならず、また使い心地は人それぞれです。時間が経つほどに旧式扱いされ、選んでいるうちにより良い品が見つかれば、誰もが目移りします。中には値下げすれば売れる品もあるでしょうが、高値のままで買い手はつくのでしょうか。

最近では男性の年収もそうですが、それ以上に女性の年齢という価値はけっして上がりません。卑下する必要はないものの、妥協してもらえるよう励んでいきましょう。

 

結婚で妥協すべきは「見やすい点」

結婚で妥協すべきは「見やすい点」

今度は、肝心の妥協すべき点をお伝えします。人によって「譲れない部分」は様々ですが、数多くの既婚者を見てきた筆者は「見やすい点」が一番のお勧めです。具体的には容姿と年収、加えて「一定レベルまでの落ち度」になります。大半の人が最初に見る点かもですね。

なぜなら、これらは結婚後いずれ「変わるから」です。容姿は加齢で衰え、年収は大手社員でもクビになりえます。ちょっとした失敗など、誰もが犯して当然です。こんな部分にいちいち嫌っていたら、どんな人と結婚してもいずれ離婚に至ってしまうのではありませんか。

逆に言えば、妥協すべきでないのは「本質的な性格」です。一番見えにくく、しかも恋愛中は目が曇ることも多いのですが、この点だけは間違えず相手を見極めましょう。

 

教育、補完できるほど選択肢は広がる

容姿はファッションやダイエットで、年収は共働きで、落ち度も軽めなら教育で、それぞれ「あなたの力量次第で」相応に補えます。三つ子の魂百まで……というように、本質的な性格は中々変えられませんが、変わる部分は悪くも良くも変わってくるのが人間です。

変わる努力に励むか否かも一つの本質部分ですが、少なくともあなたの力量が高いほど、良質な結婚ができることになります。相手を妥協する一方、自己研鑽に励みましょう。

なお、こういった結婚を詳しく知りたい方は以下記事も参考にどうぞ。

 

結婚で妥協できなかった人の最後の末路は?

結婚で妥協できなかった人の最後の末路は?

最後は結婚で妥協できなかった場合の末路をお伝えします。結論から言えば、結婚で妥協できない人は「老後破産の可能性が大」です。というのも、結婚で妥協できないという事は「結婚できない」ことに直結します。このため、生涯を独身で生き抜かなければなりません。

しかし、昨今の経済情勢では結婚していても老後破産の可能性は8割程度もあり、独身ならさらに高まるのが実情です。今は現役として、普通に働いていれば普通に給料がもらえ、生活に困ることは無いでしょう。しかし定年後、あなたはどうやって生きるつもりですか?

年金だけでは生活できず、働こうにも勤め先がなく、いずれ老化で働けなくなる……これが基本的な老後です。基本的な生活すら困難な未来を迎えることになるでしょうね。

なお、結婚しない未来をもっと知りたい方は以下記事も参考にどうぞ。

 

末期を見据えられる人は極めて稀

きっとあなたも学生時代、周囲に勉強しているかを聞き、「していない」という回答に安堵した事があるのではないでしょうか。最近では年々未婚率も上昇し、「結婚しなくても大丈夫」かのような声も増えてきました。勉強しない声、未来を見据えていない声に同調した結末を繰り返したいですか?

老後という人生の末期を考えれば、むしろ結婚は「必要なこと」といえます。結婚以上の対策を打てるならともかく、代替案がないなら、結婚を前向きに捉えた方が良いのではないでしょうか。

 

結婚での妥協も「人生経験」と捉えよう!

妥協できない心理は「失敗したくない」心理と直結します。しかし一方で、最近では「初婚は経験」と考えて、再婚で成功する方も増えてきました。今は3組に1組が離婚するほど失敗しやすい時代ですから、こうして「失敗は成功の元」と考えるのもアリかもしれませんね。

 

まずは行動!ゼクシィから生まれた新しい形の結婚相談所に登録してみませんか?

「ゼクシィ縁結びエージェント」は、リーズナブルに始められる手軽さとリクルート運営という安心感から2015年サービス開始にも関わらず既に紹介対象会員数は23,400人を突破。今、最も勢いのある結婚相談所です。

“マッチングエージェント”があなたの出会いを徹底的にサポートするので、入会した方の10人に8人が1ヶ月以内に出会っています。

まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかが?

ゼクシィ縁結びエージェントで無料カウンセリングを予約する

 

結婚に関する以下記事もおすすめ☆