マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

女性が結婚相手に求める条件はズバり年収?その危険性をご紹介

女性が結婚相手に求める条件はズバり年収?その危険性をご紹介

カテゴリー:

著者名

婚活FP山本

婚活FP山本

山本FPオフィス代表。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年8月、山本FPオフィスを設立し、同代表就任。 現在は日本初の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しながら婚活中の方や結婚直後の方など、主に比較的若い方のご相談を承っています。また「農業FP」としても活動をはじめ、独立10年を機に「後輩育成」にも力を入れています。詳細は「婚活FP」でご検索を。

この記事のポイント

  • 年収で男性を選ぶ2つの危険性
  • 男性目線と高年収男性の欠点
  • お勧めする結婚相手の条件

こんにちは、婚活FP山本です。女性が結婚相手に求めたい条件には、相応の年齢になれば「年収」が欠かせません。

きっとあなたも、色んな理由から「まずは年収条件で」相応に足切りをした婚活をしているのではないでしょうか。

最終的に誰を選ぶかはあなたの自由ですが、結婚相手に年収を条件にすると危険かもしれません。

そこで今回は、結婚相手に年収を求める危険性とお勧めの条件をお伝えします。あなたの結婚に、お役立て下さいませ。

 

女性が結婚条件に年収を求めるのはなぜ?

まずは客観的にあなた自身の立ち位置を見てみます。そもそもあなたはなぜ、結婚相手に年収を条件に考えているのでしょうか?大抵の女性なら、以下のいずれかの理由が当てはまるでしょう。

  • 自分の年収が低くて将来が不安だから(将来の生活への不安)
  • 自分の年収より低い男性はイヤだから(生活水準を下げたくない)
  • 他に分かりやすく比べる所がないから(分かりやすい選別基準)

そしてその結果、理由を問わずにやはり年収の高い男性はモテます。相手の年収が高いということが分かったら、大抵の女性は喜ぶものです。

逆に相手の年収が低いということが分かったら、それだけで一気に興味を無くします。やはり、あなたもそうでしょうか?

 

お相手の年収が下がったら…どうします?

残念ながら、最近の経済市場はすごく不安定な状態です。昨日までは大手企業に勤める年収1000万円の男性だったのに、今日から年収300万円の派遣社員……などという現象もたくさん起きています。クビになったショックで奥さんのヒモになる男性もよく聞きますね。

「そうなったら離婚するから大丈夫」などと考える女性もいますが、その頃には子供がいることも多く、今やシングルマザーの貧困が一つの社会問題です。もちろん、離婚するかどうかはあなた次第ですけどね。

つまり、そんな不安定な年収を結婚条件にしていると、結婚生活すら不安定になる危険性もあるといえる訳です。まずはこの辺りを、少し考えてみましょう。

 

結婚の条件を妥協できなかった危険な結末

次は「結婚条件を妥協できなかった女性の結末」についてです。

ご存知のとおり女性は若いほどにモテますから、きっとあなたも以前はモテたことでしょう。ですが、どうしても人間は老います。そして婚活市場には、自分を過大評価して残ってしまった女性が多数です。

これは就活に例えてみます。最初は自信があるからと大手ばかりを狙い、仕方なく中堅を狙うころには中堅の席が無くなっており、気づけば残るのは誰もが避けるような会社だけ……。

40歳を過ぎた頃には、そういう会社にすら入れてもらえない可能性もあります。

誰もが結婚相手には相応の条件を持っていますが、一方で妥協することも大切です。その妥協する時期が遅くなるほどに、大手どころか中堅すら席が無くなる可能性があります。

寄ってくる男性の質は年々下がっているハズですから、結婚したいのなら注意しましょう。

 

婚活市場は「男性優位」の世界

男性にとって恋愛と結婚は別物なので、恋愛でモテても婚活でモテるとは限りません。

そして恋愛なら基本的に女性優位なのですが、婚活市場は「男性優位」の世界です。さらに、最近の男性はかなり結婚に消極的になってきましたから、女性も注意が必要かもしれません。

消極的になった理由は、素直に「男性でも安定的に沢山稼げなくなってきたから」です。このため、あなたが年収を条件に結婚相手を探すほど、婚活が困難になるかもしれませんね。

 

男性が結婚相手に求める条件とは?

そして「男性が結婚相手に求める条件」です。これは広くいわれている事であり、でも女性としては受け入れたくない現実でしょうが、残念ながらその条件の一つは「年齢(容姿)」になります。

つまり女性は、若くて美しいほどに結婚相手としてもモテやすい訳です。

若くて美しくなければ結婚できないほどに絶対的なものではありません。ただ、それは女性からすると「年収が高い男性でないと結婚しない」という思いと同等といえます。また、上がる可能性のある男性の年収とは違い、女性の年齢を元にした市場価値は下がる一方です

この中で、あなた自身が今も昔も変わらず男性にそれなりの年収条件を求めているとしたら、確実に確率は下がっているのではないでしょうか。

格差婚なども稀に聞きますが、結婚も一つの取引とすれば、それは対等でないと話が成立しませんから、少しご注意を。

 

より良い異性と結婚したいのは誰もが同じ

女性が少しでも年収の高い男性と結婚したいように、男性は少しでも年齢が若い女性と結婚したがります。そして、より良い異性と結婚したいのは誰もが同じです。あなたが思う年収の高い条件を満たす男性は、あなたに好意を寄せてくれるでしょうか?

就活市場と同じで、「ここなら大丈夫だろう」というところからも落とされるのが婚活の終盤です。ぜひそうなる前に、まだ男性から声がかかる間に決めてしまいましょう。

 

条件を満たす高年収男性との結婚は幸せ?

さらに「年収の高い男性との結婚のリアル」にも触れておきます。仮にあなたが思う「年収の高い男性」と本当に結婚できたとしたら、幸せになれるのでしょうか?

実は意外とそうとも言えないのかもしれません。以下、実際に見聞きした高年収男性の欠点をお伝えします。

  • モテやすく、不倫しやすい
  • 出張や残業が多く、家にいない
  • 亭主関白になりやすい
  • 家事や育児に非協力的
  • 出費が多くて貯金できない

特に、最後の「出費が多くて貯金できない」は、盲点に思われることが多いですね。

年収が高い男性というのは、年収が高いから出費も多い傾向にあります。そして、そういう男性と結婚すると女性の金銭感覚もおかしくなり、そろって浪費家になる傾向です。

なお、サラリーマンには「定年」がありますから、どんなに年収が高くても一生は続かない点には強い注意が必要といえます。

 

年収に目のくらんだ結婚は本当に危険

年収さえ高ければ、他の少々の欠点には目をつぶって結婚する女性はたくさんいます。

しかし年収は不安定ですし、高いままでも別の欠点を生み出してしまいやすいのが実情です。その結果、望んで年収が高いから結婚したはずが、最後には離婚する女性もたくさんいます。

男性は女性に若さを求めますが、若ければ皆が良い子という訳でもないですし、年の差婚をしても離婚する夫婦もいますから、少なくとも年収に目のくらんだ結婚は控えましょう。

 

結婚相手に求めたい3つのお勧め条件

最後は「結婚相手に求めたいお勧め条件」です。たくさんの幸せな夫婦や失敗した夫婦を見聞きしてきた筆者なら、女性には以下のような条件を満たす男性をお勧めします。

・仕事に目標や夢がある
・自分より弱い相手に低姿勢
・話を聞き、共感し、受け入れてくれる

仕事については「具体的な年収額より姿勢や思考」のほうが大切かもしれません。

特に考えずにこなすだけの人は、それを失った時に行動が取れないことも多く、年収が高いならヘンなプライドまでありますからね。

人に対する態度は、やはり大切です。特に物事を序列で考えたり、弱い立場の人に高圧的な人は、最後にはあなたにも同じ態度を取るでしょう。恋人関係中の優しさがずっと続く保証はありませんから、注意しましょう。

そして何よりも、年収より人間関係には「コミュニケーション力」が欠かせません。結婚するということは、休日には24時間一緒にいることもある訳です。ぜひ心で繋がれそうかどうかを条件の一つに加えましょう。

 

女性の結婚できる期間は短い!

年収が高いほどに、その他の欠点には目をつぶりやすく、年収が低いほどに、年収ばかりが気になって他の長所を小さく見てしまいます。

このため、どちらにしても年収を気にするほど、他の条件が見えなくなるのが常です。無視はムリでも、控えたほうが無難でしょうね。

少なくとも、特に女性は「結婚できる期間」が、男性に比べれば短めです。そういつまでも男性を条件で選べませんから、短期決戦を前提として婚活に励みましょう。

 

結婚は条件を減らしたもの勝ち!

年収が特に大きいですが他も含めて、結婚は条件を求めるほどにハードルが高まり、求めないほどにハードルが下がります。誰でもいいような結婚は逆に危険ですが、最低限譲れない条件だけに絞り、なるべく早期に結婚を果たしていきましょう。

 

こちらもおすすめ☆