マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

SBI損保の自動車保険にはどのような特徴があるのか?申し込み前のポイントまとめ

SBI損保の自動車保険にはどのような特徴があるのか?申し込み前のポイントまとめ

カテゴリー:

著者名

佐藤 元宣

佐藤 元宣

佐藤元宣FP事務所代表CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士、経理実務士

税理士や社会保険労務士といった士業事務所経験と保険代理店を行った経験などを活かし、生活する上で避けて通れない「お金」の相談に幅広く応じている独立系FP。家計の収支状況と専門性を融合したプランニングを提供しています。

この記事のポイント

  • SBI損保の自動車保険料は安い特徴があり、保険料を重視している方にとってみると比較検討する保険会社の1つ言い切ることができます
  • SBI損保の自動車保険は、割引制度が他社に比べて少ないため、保険会社間で比較検討した上で選ぶことが大切です
  • 自動車保険料の安さと事故対応をどちらも求めることは難しいため、どちらを優先して加入するのか、加入目的とニーズによって保険会社選びが大きく変わります

この記事は約5分で読めます。

自動車保険には、担当者と対面で契約する対面型の自動車保険とインターネットで加入するダイレクト型自動車保険があります。

また、対面型の自動車保険とダイレクト型自動車保険は、それぞれの保険会社によって補償内容や自動車保険料をはじめ、適用される割引も異なる特徴があり、比較検討して選ぶことがとても大切です。

本記事は、自動車保険の中でも、SBI損保の自動車保険に焦点をあて、特徴とポイントを紹介していきます。

 

SBI損保の自動車保険にはどのような特徴があるのか

SBI損保のWEBサイトを見ますと、自動車保険の特徴として、リーズナブルな保険料、業界最高水準のロードサービス、24時間365日事故受付の3つをあげています。

業界最高水準かどうかは別として、ロードサービスや24時間365日事故受付は、どの自動車保険に加入したとしても同様のサービスが当たり前に受けられるため、SBI損保だから得られる特徴とは言えません。

ただし、保険料については、評価できる部分があるのも確かです

 

SBI損保の自動車保険に加入するメリットとは

SBI損保の自動車保険に加入するメリットは、自動車保険料の安さがあげられ、たとえば、インターネット割引が新規でも継続でも同額の10,000円である点は大きなメリットと言えます。

保険会社によっては、特に、継続割引が少なくなる場合も見受けられるため、継続しても同様のインターネット割引が適用されるのは、保険契約者からしますと、大きなメリットです。

 

SBI損保の自動車保険の割引制度

SBI損保の自動車保険では、以下の割引制度があります。

  • インターネット割引
  • 証券不発行割引
  • 新車割引
  • セーフティ・サポートカー割引/ASV割引
  • ゴールド免許割引

上記5つの割引制度(平成31年3月現在)は、他社と比較した場合に、割引制度の種類が少ない特徴があります。自動車保険料を重視している場合は、適用できる割引の現在と将来を考慮しながら比較検討することが大切なポイントになると言えるでしょう。

 

SBI損保の保険料が安いとされる理由

SBI損保の保険料が安いとされる理由は、ダイレクト型自動車保険であることのほか、次項で紹介する対物賠償保険の補償金額を選べること、走行距離の区分が細分化されていることも理由として考えられます。

あくまでも補償内容ではなく、保険料の安さのみに特化して考えるとするならば、このような理由も自動車保険料に影響を与えることは確かと言えるでしょう。

 

SBI損保の自動車保険の補償内容

SBI損保に限らず、任意加入の自動車保険の補償内容は、大きく4つに分けられ、具体的には以下の通りです。

  • 相手の身体に対する補償
  • 相手の物に対する補償
  • ご自身の身体に対する補償
  • ご自身の物に対する補償

これら4つの補償は、自動車保険に加入したことによって、すべて必ず補償されるわけではなく、契約の仕方によって、それぞれ変わることになります。

 

相手の身体および相手の物に対する補償

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 他の自動車運転危険補償特約
  • 被害者救済費用等補償特約

 

ご自身の身体に対する補償

  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険者傷害保険

 

ご自身の物に対する補償

  • 車両保険

 

オプション(特約)で追加できる補償

  • 全損時諸費用保険金特約
  • 自宅・車庫等修理費用補償特約
  • 弁護士費用等補償特約
  • 個人賠償責任危険補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • 自転車事故補償特約
  • 車内外身の回り品補償特約

これまで紹介した補償は、保険契約をすることで自動付帯になるものから、別途保険料を上乗せして補償を得るものまでさまざまです。そのため、自動車保険に加入する目的とニーズを明確にして保険設計することが大切になります。

 

SBI損保の自動車保険に加入する場合のおすすめプランはあるのか

自動車保険に加入する上でおすすめのプランというのは、それぞれの考え方が異なるため一概に言い切ることはできません。

ただし、車両保険、弁護士費用等補償特約は、できる限り加入しておきたい補償であると考えられるほか、小さな子供をはじめ、自転車を利用する家族がいる場合は、自転車事故補償特約も付加しておきたいものです。

以下、自転車事故における高額な損害賠償について知ると、おすすめする理由がわかります。

 

SBI損保の自動車保険は、口コミや評判はどのようになっているのか

自動車保険は、加入契約している方の私情が絡むことになるため、実際に事故が起こってからの対応がスムーズだった場合と納得のできない対応であった場合の口コミは大きく異なります。

そのため、ご自身が事故を起こした場合にどのような対応がされたのかによって評価が異なることになるのが極論ですが、以下、良い口コミと悪い口コミを参考とすることができますので、一度、目通しされてみることをおすすめします。

SBI損保 「SBI損保の自動車保険」の口コミ・評判

 

筆者がダイレクト型自動車保険の口コミを見て感じたこと

ダイレクト型自動車保険は、保険料の安さが売りですが、事故対応は基本的に自分自身で行わなくてはなりません。

しかしながら、SBI損保に限らず、さまざまな口コミを見ますと、事故対応について満足できた方は良いと評価し、事故対応に納得できない方は悪いと評価しています。

確かに当たり前のことだと思うのですが、少なくともダイレクト型自動車保険を選んだということは、事故対応よりも保険料の安さを優先しているはずです。

 

自動車保険料の安さと事故対応をどちらも求めることは望めるのか?

自動車保険料の安さと事故対応をどちらも求めることは、さすがに虫がよすぎるのではないかと思います。

たとえて言うなら、スーパーで売っている肉と肉屋で売っている質の良い肉は、どちらも同じ価格でしょうか?

事故が起こった時の担当者によって対応のされ方も変わるため、あたりはずれといった運の要素もあると思いますが、保険料が安いということは、それなりであることも、あらかじめ心得ておかなくてはならないのです。

 

自動車事故は、弁護士に依頼する選択肢を持つ

ダイレクト型自動車保険に加入している場合で、事故対応に納得できない場合は、専門家である弁護士へ依頼して、早期の事故解決に努めてもらうようにされる方が得策な場合も多々あります。

この時、弁護士費用特約を利用することもできますが、事前に保険会社へ連絡してからでなければ使えない場合もあり注意です。

事故状況によりますが、弁護士に依頼することで、慰謝料や逸失利益など有利になる場合は多い傾向にあります。

 

SBI損保の自動車保険に加入する前にやっておきたいこと

SBI損保のホームページでは、自動車保険に加入する上で知っておくべき情報コンテンツが充実しています。

そのため、たとえば、SBI損保に限らず、チューリッヒやソニー損保など他社のダイレクト型自動車保険に加入する場合であったとしても活用できる情報が無料で公開されており、使わない手はありません。

FPが有料相談で提供するような情報も含まれているため、疑問点を調べて読み進めてみるのは得策でしょう。

SBI損保 自動車保険コラム

 

SBI損保の自動車保険まとめ

SBI損保の自動車保険は、自動車保険料の安さを求めている方であれば、比較検討するための選択肢に入れて考慮されるのが良いと思われます。

ただし、事故対応がいくら良いと同社で謳っていたとしても、ダイレクト型自動車保険の事故対応に期待することは厳禁です。

そのため、万が一事故が発生した場合は、時に専門家である弁護士へ依頼するなど、どのようにして対処するのかあらかじめ方向性を決めておくことも大切だと言えます。

SBI損保の自動車保険

 

自動車保険に関する以下記事もおすすめ☆