マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

安くておすすめの医療保険をランキング形式でご紹介

安くておすすめの医療保険をランキング形式でご紹介

カテゴリー:

著者名

佐藤 元宣

佐藤 元宣

佐藤元宣FP事務所代表CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士、経理実務士

税理士や社会保険労務士といった士業事務所経験と保険代理店を行った経験などを活かし、生活する上で避けて通れない「お金」の相談に幅広く応じている独立系FP。家計の収支状況と専門性を融合したプランニングを提供しています。

この記事のポイント

  • 医療保険は保険料の高低で良し悪しが決まるわけではありませんが、保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点を知ることはとても大切です。
  • 月々の保険料が安く、さほど保険料が変わらないにしても、保険会社によって保障内容が大きく異なります。
  • 安い保険料といった目先の部分にだけ捉われるのではなく、先を見越した医療保険選びをすることが何よりも大切です。

この記事は約6分で読めます。

医療保険に加入する際、保険料の安さや保障の質を重視するのは誰でも当然のことだと思います。

ただ、実際に医療保険の契約をする上で保険料の安さと保障の質をどちらも得るためには、年齢が若いことや健康なことをはじめ、保険契約の仕方など、様々な条件を満たしていることが必要です。

そこで本記事では、保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点と、安くておすすめの医療保険をランキング形式で紹介していきます。

また、医療保険に関する基礎知識については以下記事も参考にどうぞ。

 

 

重要!保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点3つ

重要!保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点

医療保険を含む生命保険は、物と異なり、保険料を支払って何かしらの将来保障を得られる権利を買うイメージですが、保険料が高ければ高い程、良質な生命保険と言えるわけではなく、逆に保険料が安ければ安い程、悪い生命保険と言い切ることもできません。

ただし、保険料が安い場合は何かしらのデメリットがある可能性も高いです。保険料が安い医療保険を例に、選ぶ前にあらかじめ押さえておきたい注意点を3つ紹介します。

 

【注意点①】保険料が安い医療保険は、保険料が終身払いの可能性が高い

保険料が安い医療保険は、保険料が終身払いになっている可能性が高く、特殊な事情を除き、亡くなるまで医療保険の保険料を支払い続けていかなければなりません。

そのため契約当初の保険料が安くても、長生きすることによって、トータルで支払う保険料が多くなってしまうデメリットが生じる懸念があります。

 

【注意点②】保険料が安い医療保険は、保険期間が有期になっている可能性が高い

保険料が安い医療保険は、保険期間が有期になっている可能性が高いです。保障される期間が一生涯ではなく、保険契約が開始になってから10年間や60歳までなどのように、保障期間があらかじめ定まっている懸念があります。

なお、この定まった保障が満期を迎えますと、再び保険契約を更新しない限り、医療保険の保障は無くなってしまうことになります。

 

【注意点③】保険料が安い医療保険は、更新型になっている可能性が高い

保険料が安い医療保険は更新型になっている可能性が高く、先に紹介した保険期間が満期を迎えた後に、再び保険契約を更新すると、同じ保障を得るための保険料負担が増加することになります。

医療保険も含めた生命保険は、年齢が上がれば上がる程、保険料負担が多くなるため、仮に更新型の医療保険の場合、保険契約を更新する都度、長い目で見た時に多くの保険料を負担しなければならない懸念が生じることになります。

 

保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点まとめ

  • 保険料が安い医療保険は、保険料が終身払いの可能性が高い
  • 保険料が安い医療保険は、保険期間が有期になっている可能性が高い
  • 保険料が安い医療保険は、更新型になっている可能性が高い

 

おすすめの保険料が安い医療保険ランキング

おすすめの保険料が安い医療保険ランキング

保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点を紹介させていただきましたが、ここでは参考情報として、保険料が安い医療保険について紹介します。

なお、保険料をシミュレーションする上での前提条件は以下の通りとします。

  • シミュレーション年齢は、30歳の男性および女性とします
  • 保障の良し悪しを考慮せず、保険料が最も安くなることを最優先します
  • 保険料は、月払いによるものとします
  • 医療保険だけではなく共済も含むものとします

 

第3位 ソニー損保「ZiPPi(ジッピ)」

性別 30歳男性 30歳女性
1ヶ月あたりの保険料 1,065円 1,239円
保障内容 健康保険や国民健康保険などの公的医療保険を使用した入院治療費の窓口負担額(3割分)が全額保障される
保険期間 5年(5年ごとに自動更新・最長満80歳)

ソニー損保が販売している入院実費型の医療保険「ZiPPi(ジッピ)」は、健康保険や国民健康保険などの公的医療保険を使用した入院治療費の窓口負担額(3割分)が全額保障される特徴があります。

また、保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点で紹介しましたように、保険期間が5年の有期で更新型の医療保険になっているため、5年ごとに契約を更新することによって、負担する保険料が増加していくことになります。

ZiPPi

 

第2位 都道府県民共済「総合保障1型」

性別 30歳男性・女性
1ヶ月あたりの保険料 1,000円
入院 事故 1日目から

184日目まで

1日当たり 2,500円
病気 1日目から

124日目まで

1日当たり 2,250円
通院 事故 14日以上

90日まで

通院当初から

1日当たり 750円

後遺障害 交通事故 1級 330万円 〜

13級 13.2万円

不慮の事故(交通事故をのぞく) 1級 200万円 〜

13級 8万円

死亡・重度障害 交通事故 500万円
不慮の事故(交通事故をのぞく) 400万円
病気 200万円
保険期間

(共済期間)

1年(自動更新・満65歳に達した初めて迎える3月31日まで)

都道府県民共済の「総合保障1型」は、18歳から65歳までの健康な方であれば加入できる共済にあたり、月額1,000円の掛金で、医療保障と死亡保障のどちらも得られる特徴があります。

なお、都道府県民共済は、保険期間(共済期間)が1年ですが、更新型の生命保険とは異なり、掛金が増加していくことはありません。

 

都道府県民共済へ加入する前の注意点

都道府県民共済は、少ない掛金で医療や死亡の保障を得られるのが特徴ですが、たとえば総合保障1型の場合、65歳以降など一定年齢に達すると、原則として保障が終了することになります。

なお、総合保障1型は、65歳以降に月額2,000円以上の基本コースへ変更をすることも可能ですが、これまでに比べて保障が少なくなるデメリットや健康告知に引っかかることによって、保障が継続できない懸念も生じてしまう点に細心の注意が必要です。

都道府県民共済公式サイトはこちら

 

 

第1位 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの定期医療」

性別 30歳男性 30歳女性
1ヶ月あたりの保険料 840円
保障内容 病気やケガで入院した場合、1日あたり5,000円が保険金として支払われ、所定の手術を受けた場合は、1回につき50,000円が保険金として支払われる
保険期間 10年

アクサダイレクト生命が販売している定期医療保険は、病気やケガで入院した場合、1日あたり5,000円が保険金として支払われ、所定の手術を受けた場合は、1回につき50,000円が保険金として支払われる特徴があります。

こちらも、保険料が安い医療保険を選ぶ前の注意点で紹介しましたように、保険期間が10年の有期で更新型の医療保険になっているため、10年ごとに契約を更新することによって、負担する保険料が増加していくことになります。

 

医師や看護師などの相談が無料で付帯される

アクサダイレクト生命が販売している定期医療保険に加入しますと、医師や看護師などに24時間365日電話で健康相談をするサービスや、総合相談医が無料でセカンドオピニオンの相談に応じるサービスが無料で付帯されることになります。

アクサダイレクトの定期医療

 

3社の保障を比較して考えられるポイントを簡単にまとめます

3社の保障を比較して考えられるポイントを簡単にまとめます

商品名称 アクサダイレクトの定期医療 総合保障1型 ZiPPi(ジッピ)
入院保障 1日あたり5,000円 1日あたり2,250円~2,500円 医療費の全額
手術保障 1回あたり50,000円 なし
死亡保障 なし 200万円~500万円 なし
保険期間 10年 1年 5年
その他 更新の都度、保険料が増加する 更新しても保険料が変わらない 更新の都度、保険料が増加する

月々の保険料が安く、さほど大きく変わらないにしても、保障内容を比較しますと、それぞれ大きく異なることが分かります。

家計状況はもちろんですが、ご自身が抱えているニーズに最も合っている医療保険を探すことが大切であり、仮に入院した場合の医療費の自己負担金額も考慮した商品選びをする必要があると考えられます。

 

医療保険に加入する目的を再確認しておきましょう

医療保険に加入する目的を再確認しておきましょう

通常、医療保険は、病気やケガなどで入院した場合などにおいて、多額にかかる医療費の補填を目的として加入するのが一般的であるため、医療保険に加入して保険金が支払われたとしても、保険金ではまかない切れないさらに重い自己負担を強いられてしまうのであれば本末転倒です。

安い保険料といった目先の部分にだけ捉われるのではなく、先を見越した医療保険選びをすることが何よりも大切なことを忘れないようにしたいものです。

 

安くておすすめの医療保険ランキングに関するまとめ

保険料が安い医療保険を選ぶということは、保険料の終身払いや更新型による保険料の増加懸念をはじめ、保障期間が限られている可能性といったデメリットを確認し、しっかりと理解しておくことがとても重要です。

特に医療保険は、病気やケガなどによって入院した場合における将来の保障を準備する目的がある生命保険であるからこそ、保険料が安いといった目先の部分だけに捉われない選び方をしていくことが大切とも言えます。

 

保険料の見直しはお金のプロに相談するのが一番

保険料の見直しを行うにあたり最も良いのはお金のプロフェッショナルであるFPに相談することです。「ほけんのトータルプロフェッショナル」では各保険会社の特徴を熟知した専門家FPに無料で相談でき、格安で保障の充実した設計が可能です。相談の有無によってその後の支払いに大きな差が出来ますのでぜひご活用下さい。

ほけんのトータルプロフェッショナル公式サイトはこちら

 

医療保険に関する以下記事もおすすめ☆