マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

【アフラックがん保険】プラン・保険料などの最新情報をわかりやすく解説!

【アフラックがん保険】プラン・保険料などの最新情報をわかりやすく解説!

カテゴリー:

著者名

佐藤 元宣

佐藤 元宣

佐藤元宣FP事務所代表CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士、経理実務士

税理士や社会保険労務士といった士業事務所経験と保険代理店を行った経験などを活かし、生活する上で避けて通れない「お金」の相談に幅広く応じている独立系FP。家計の収支状況と専門性を融合したプランニングを提供しています。

この記事のポイント

  • アフラックが販売している終身がん保険の種類は、令和元年7月現在で3種類あります
  • アフラックが販売している終身がん保険のプランも3種類あり、選んだプランによって保険料や保障内容が異なります
  • アフラックのがん保険は、他社と比べて、がん保険に付加できる特約が多めなどの特徴があります

この記事は約7分で読めます。

アフラックは、正式名称をアフラック生命保険株式会社と言い、アメリカンファミリーライフアシュアランスカンパニーオブコロンバスが、1974年に日本支店を創業しました。

アフラックと言えば、アヒルのキャラクターと著名人をテレビCMに多数起用しているイメージが強いのですが、実のところ、がん保険にも力を入れている生命保険会社です。

そこで本記事では、アフラックのがん保険のポイントを中心に解説を進めていきます。

なお、がん保険の仕組みについては以下記事を参考にどうぞ。

 

 

アフラックが販売している終身がん保険(死亡するまで保障が続く)の最新種類

アフラックが販売している終身がん保険の種類

令和元年7月現在において、アフラックのWEBサイトで確認できるがん保険の種類は、全部で3種類あり、商品名と特徴は以下の通りです。

 

生きるためのがん保険Days1

生きるためのがん保険Days1は、がんの診断からがんの再発まで、現在のがん治療に合わせて幅広く備えられるがん保険であり、男女共通で加入することができる終身がん保険です。

終身がん保険とは、保険期間(保障期間)が、基本的に亡くなるまで有効ながん保険で、たとえば、保険契約の引受開始から10年間のみ有効といった定期がん保険とは異なり、一度加入することで、長い期間に渡ってがんの備えができる生命保険になります。

生きるためのがん保険Days1

 

生きるためのがん保険Days1 レディースプラン

生きるためのがん保険Days1レディースプランは、その名前の通り、女性を対象にした終身がん保険のことで、先の生きるためのがん保険Days1の保障に加えて、乳房や子宮といった女性特有のがんに厚みのある生命保険になります。

具体的には、女性がん特約と呼ばれるものが保障に上乗せされており、主に乳房や子宮を全摘出した場合などに一時金としてまとまった保険金が受け取れる仕組みになっています。

生きるためのがん保険Days1 レディースプラン

 

生きるためのがん保険 寄りそうDays

生きるためのがん保険 寄りそうDaysは、過去にがんを経験した方が対象の終身がん保険のことを言います。

一般に、がんの治療は、通院治療も含めて年単位での長い時間やトータルで多くの治療費がかかることによって、本人や家計へのお金の負担が重くなることが考えられます。

生きるためのがん保険 寄りそうDaysは、一度、そのような大変な思いを経験された人向けの終身がん保険とも言えるでしょう。

生きるためのがん保険 寄りそうDays

 

アフラックが販売している終身がん保険のプラン

アフラックが販売している終身がん保険の種類は、大きく3つあることを紹介しました。

その中でも、生きるためのがん保険Days1には、スタンダードプラン・ベースプラン・レディースプランといった3つのプランに分けられる特徴があります。

アフラックが販売している終身がん保険のプラン

上記のイメージ図を基に、それぞれのプランの違いについて、次項から解説を進めていきます。

 

スタンダードプランとベースプランの違い

スタンダードプランとベースプランの主な違いは、保障される金額や特定保険料払込免除特約の有無による違いがあります。

特定保険料払込免除特約とは、がん治療が長引いた場合に、がん保険の保険料を支払わなくても良いものになり、具体的には、初めてがんと診断確定された月の初日から以下のいずれかに該当したときに免除となります。

 

保険料が免除される場合

  • 2年以内にがんの治療を目的とする入院と所定の通院の合計が30日に達したとき
  • 2年以上経過後にがんと診断確定されていて、がんの治療を目的に入院または所定の通院をしていること

なお、所定の通院とは、手術、放射線治療、抗がん剤治療(経口投与によるものを除く)のための通院を言い、ホルモン剤治療のための通院は、所定の通院に含まれません。

スタンダードプランは、ベースプランに比べて特定保険料払込免除特約がある分、保障に厚みがあると言えますが、負担するべき金額はベースプランの方が安くなります。

 

スタンダードプランとレディースプランの違い

スタンダードプランとレディースプランの主な違いは、女性がん特約の有無による違いがあり、スタンダードプランは、男女の性別を問わず加入できる一方、レディースプランは、女性のみが加入できるがん保険となります。

女性で、乳房や子宮といった女性特有のがんに備えたい方には、スタンダードプランよりもレディースプランがおすすめと言えますが、負担する保険料は、レディースプランの方が高くなります。

 

 

プランごとの保険料には、どのくらいの違いがあるのか

プランごとの保険料には、どのくらいの違いがあるのか

アフラックが販売している終身がん保険のプランには、スタンダードプラン・ベースプラン・レディースプランといった3つのプランがあることを紹介しました。

ここでは、それぞれのプランを選んだ場合、どのくらいの保険料がかかるのか、アフラックWEBサイトにある保険料シミュレーターを使って紹介します。

なお、保険料のシミュレーションにおける前提条件は、以下の通りとします。

  • 年齢は30歳女性とします
  • 保険料の払込期間は終身払いとします
  • 別途追加できる特約は加味しないものとします
  • シミュレーションの金額は、シミュレーターで表示されるデフォルトのものとします
給付金・特約名 支払単位 スタンダード ベース レディース
支払保険料 月々 3,485円 1,818円 3,558円
診断給付金 一時金 がんの場合

50万円

上皮内新生物の場合

5万円

がんの場合

25万円

上皮内新生物の場合

2.5万円

がんの場合

50万円

上皮内新生物の場合

5万円

特定診断給付金 一時金 がんの場合

50万円

がんの場合

25万円

がんの場合

50万円

入院給付金 1日につき 10,000円 5,000円 10,000円
通院給付金 1日につき 10,000円 5,000円 10,000円
手術治療給付金 1回につき 20万円 10万円 20万円
放射線治療給付金 1回につき 20万円 10万円 20万円
抗がん剤

ホルモン剤治療特約

治療を受けた月ごと 5万~10万 2.5万~5万 5万~10万
がん先進医療特約

がん先進医療給付金

1回につき 先進医療にかかる技術料のうち自己負担額と同額

(更新後の保険期間を含め通算2,000万円まで)

がん先進医療特約

がん先進医療一時金

1回につき 1年間に1回を限度15万円
診断給付金

複数回支払特約

1回につき がんの場合

50万円

上皮内新生物の場合

5万円

がんの場合

25万円

上皮内新生物の場合

2.5万円

がんの場合

50万円

上皮内新生物の場合

5万円

特定保険料

払込免除特約

あり なし

選択で付加可能

あり
女性がん特約

女性特定ケア給付金

1回につき 20万円
女性がん特約

乳房再建給付金

1回につき 50万円

 

ベースプランの月額保険料は、スタンダードプランの約半分

プランごとの保険料を見ますと、ベースプランの月額保険料は、スタンダードプランの約半分程度であることが分かります。

また、保障される金額も、ベースプランは、スタンダードプランの半分であることも確認でき、たとえば、医療保険に加入している場合、がん保障の重複を避ける意味合いでスタンダードプランを活用するのも1つの方法として考えられます。

 

スタンダードプランとレディースプランの月々の保険料はさほど変わらない

スタンダードプランの月々の保険料は3,485円であるのに対し、レディースプランの月々の保険料は3,558円となっており、保険料の差額がさほど生じていないことが分かります。

そのため、特に若い女性の方がアフラックのがん保険に加入するのであれば、女性特有のがんに対して厚みのあるレディースプランを選んだ方が良いでしょう。

これは女性の場合、若い内から女性特有の病気にかかる可能性があるリスクも考慮してのものとなります。

 

保険会社や保険代理店で見積もりをもらって検討する

今回紹介したシミュレーション結果は、アフラックのWEBサイトのシミュレーターを活用したデフォルトの金額になります。

そのため、たとえば、がん診断給付金や保険金の支払限度額など、ご自身が考えている保障内容や保険料と合っていないことも十分考えられますので、保険会社や保険代理店に対して、ご自身の意向に沿った見積もりを作成してもらうことをおすすめします。

 

アフラックのがん保険は、他社と比べてどのような特徴があるのか

アフラックのがん保険は、他社と比べてどのような特徴があるのか

アフラックのがん保険について一通り紹介しましたが、多くの方は、他社のがん保険と比べてどのような特徴があるのか気になると思います。

そこで本記事の最後に、令和元年7月現在でがん保険を販売している他社と比較して、アフラックのがん保険にはどのような特徴があるのか、大まかにポイントを紹介しておきます。

 

がん保険に付加できる特約が多め

アフラックのがん保険は、他社と比べてがん保険に付加できる特約が多めの特徴があります。

具体的には、特定診断給付金特約、外見ケア特約、緩和療養特約、女性がん特約など、他社に比べて付加できる特約が多めとなっています。

 

死亡保険金や生存給付金といった生死にかかる保険金や年金がない

アフラックのがん保険は、がんの治療に特化した生命保険であるため、がんを起因とした死亡保険金やがんになった後に生存していることで得られる生存給付金といった生死にかかる保険金が支払われることはありません。

アフラックの昔のがん保険には、がんによる死亡時に死亡保険金が支払われるタイプのものもありましたが、現在販売されているアフラックのがん保険には、特約も含めて年金や生死にかかる保障はありません。

 

がん診断給付金を受け取り後の2回目の条件に通院が含まれている

アフラックのがん保険は、がんと診断が確定することで保険金が支払われる診断給付金がありますが、多くの保険会社とは異なり、がん診断給付金を受け取り後の2回目の条件に通院が含まれている特徴があります。

具体的には、がんと診断確定されてから2年以上経過後に入院または所定の通院で治療を行った場合に2回目の診断給付金が支払われます。

なお、ほとんどの保険会社では、2回目の診断給付金は、がんによる入院のみを条件としているところが多くなっています。

 

アフラックのがん保険に関するまとめ

アフラックのがん保険は、過去に同社が販売していたがん保険に比べて質が良くなっています。

ただし、他社のがん保険と保険料や保障の質も含めて総合的に比較しますと、がんに対する保障のニーズや保険料など、優先しているものによっては、アフラック以外のがん保険の方が、適していることも考えられます。

がんの治療や傾向も考慮しながら、他社のがん保険と比較検討して選ぶことが、がん保険選びの大切なポイントと言えます。

アフラック公式サイトはこちら

 

保険料の見直しはお金のプロに相談するのが一番

保険料の見直しを行うにあたり最も良いのはお金のプロフェッショナルであるFPに相談することです。「みんなの生命保険アドバイザー」では各保険会社の特徴を熟知した専門家FPに無料で相談でき、格安で保障の充実した設計が可能です。 相談の有無によってその後の支払いに大きな差ができますので、ぜひご活用下さい。

みんなの生命保険アドバイザー無料相談はこちら

 

がん保険に関する以下記事もおすすめ☆