マネタス

お金持ちの習慣を取り入れた結果は?こんな変化が起こりました

カテゴリー:

著者名

運営者

この記事は約4分で読めます。

ビジネスで成功を収める人には共通している習慣があります。普通のサラリーマンの私が成功者と同じ習慣を取り入れたらどうなるのだろうと気になり、取り組んでみることにしました。早寝早起きや運動、瞑想に振り返り。文字にすると何の面白みもない普通のことですがこれらを継続した結果、私にはとても良い変化が起きました。

1.早寝早起きを実践してみた

自動車保険で別途加入することができる自転車特約は本当に不要なのか?

成功者は皆、早寝早起きであり、あまり夜更かしをする人はいません。この習慣はビジネス書でもよく出てくる話です。そのためまずはこの習慣を実践してみようと決めました。

 

元々私は、仕事終わりで家に帰ると疲れて何かをする気力も無く、無意識に複数のSNSを意味もなく徘徊し、ダラダラと食事をし、風呂も入らずスマホを弄り…寝る時には夜中の3時と、夜更かし三昧の生活をしていました。そのため、平日の目覚ましはスマホのアラームを何十個もセットしているようなタイプの人間で、いつも昨日の自分を攻めながら朝を迎えていました。

サラリーマンにおすすめの副業ランキング!スマホOK・趣味を活かせるetc.稼ぐ方法をFPが解説

そんな習慣を過ごしてきたため、早寝早起きの習慣を始めた当初はかなり辛いものだったのですが、頑張って毎朝同じ時間に起きました。

もちろんすぐに習慣が身についたわけではありません。

ただ根性で習慣を続けた結果、以前なら1日かかってもできなかった仕事量を余裕を持って終わらせられるようになったことに気づきました。早起きをすることで仕事始めから頭が冴え、集中できていたのだと思います。

更に1週間続けると、根性に頼らずとも早朝にすっきり起きられ、仕事に行くまでに自己啓発に時間を使ったり、読書をしてみたりと自分のためになりそうなことに費やしてみました。こうして私は一日を気分良くスタートできるようになっていきました。

2.運動の習慣を取り入れてみた

自動車保険を契約更新する前のチェックポイントを更新手続きの流れと共に紹介

私の次の目標は定期的に運動をすることでした。

これもビジネス書ではよく言われている習慣であり、SNSを見ていても成功を掴んだ人が取り入れている習慣でもあります。

ただ私は、本を読んだり成功者に啓発されてジムに入会したものの、結局めんどくさくなりジムを退会して、また気分が高まったら入会を繰り返してきた人間です。

しかし、今度こそと思い再度ジムに入会しました。今回は気が向いたら行く、という以前の通い方ではなく、毎週決めた曜日に必ず行くという方法にしました。

専業主婦は年収より生活水準が重要

一番大変だったのはジムでの運動ではなく、働いた後にジムに通うまでの自分との葛藤でした。1日働いた後に1回家で腰をおろしてリラックスしてしまうと、もう動く気力はありません。ただ、ここでも根性で乗り越えました。疲れて寝たい・SNSで自分の知らない刺激的な情報に触れたいという自分と戦い、根性でジムに行くことを繰り返した結果、2週間も経つ頃にはすっかり習慣となっていきました。

ジムに通い気づいたのですが、運動をすることで食事にも気を遣うようになり、更によく眠れるようになりました。この運動をする、という習慣1つで生活の好循環が生まれたように思います。また運動するのは社会人の良い気分転換でもあります。

成功者の習慣をやってみる、という軽い気持ちの取り組みがすっかり気に入った私は更に新しい習慣にチャレンジしてみました。

3.瞑想をしてみた

ネット型自動車保険を失敗しない選び方とは?

世の成功者や経営者の中には朝に早起きして運動をし、更に瞑想をするという習慣を取り入れている人が多く、私も軽い気持ちで取り入れてみることにしました。

ひとまずYouTubeにて瞑想の動画を検索し、決められた時間だけ目を瞑ってみることにしました。実践してみて思ったことですが、瞑想を行うこと自体はとても簡単でした。早寝早起きの習慣やジムに通う習慣で新しい習慣を取り入れることへの耐性がついたのでしょうか。

しかし、効果を実感するのは少し難しかったような気がします。

ネット型自動車保険はどんな方におすすめ?

ネットや本では瞑想を続けると集中力が高まるなどの記載があったのですが、瞑想単体の効果には思えず、私の中では1個目の習慣や2個目の習慣のような手応えが無かったように感じられました。瞑想自体に懐疑的になりながらも、とりあえず更に2週間継続してみることにしました。

2週間経ち、ふと仕事中に気づいたのですが、以前に比べて気が散ることが減ったことに気づきました。以前であればコミュニケーションツールからの通知やスマホからの通知、同僚の雑談など、1つの作業中でも色々気が散ってしまい、結局作業が終わらず、というようなことがよくありました。1個目の習慣や2個目の習慣を継続してからもです。

しかし、瞑想を続けてから目の前のタスクに集中する力がついたように感じ、ビジネス書で頻出ワードであるシングルタスクを本当の意味で実践できていることに気づいたのです。

瞑想中に、心の中で呼吸の数を数え、気が散っていることに気づいたらまた数を数えることに意識を戻し..を繰り返したため、何か1つに集中する力が鍛えられたのかもしれません。どんどん自信がついてきた私はもう1つ新しい習慣にチャレンジしてみることにしました。

4.毎日振り返りをしてみた

自動車保険の見直しで保険料を節約する9つのポイント

ビジネスで素晴らしい成果を残す人は自分の1日を振り返る習慣があると言います。更に今話題の社長も日常的にメモを取り、振り返る習慣があるということを度々メディアで耳にしていました。何か新しい習慣を探していた私は最後の習慣にこの振り返りの習慣を取り入れてみることに決めました。

イマドキの専業主婦の割合は?その先に待ち受ける厳しすぎる未来をFPが解説

最初は、入浴後の寝るまでの時間でその日やった仕事や1日のスケジュールなどを振り返って書き出すだけです。私は新卒の頃の日報も自分自身から積極的に行っていたわけではなく、上司に提出するために仕方なく書いていたタイプの人間です。そのため自分から能動的に振り返りをすることは人生で初めての経験でした。スケジュールを書き出して、眺めてみる。すると改善のポイントが見えて、翌日に改善ポイントを実行してみる。これを毎日継続してみた結果、仕事で驚くような変化が出てきました。

人気の理由はこれだ!

上司や同僚からも仕事ぶりを褒められ、ますます仕事に自信がついていったのです。嬉しくなった私は、夜の時間だけでなく、朝にその日の計画や目標を書いてみたり、週の終わりには来週の計画や目標を書き出していきました。もちろん書き出すだけでなく、寝る前の時間までに振り返りもセットで行います。この軽率な習慣を実践してみてビジネスで成功している人たちがなぜこの習慣を行っているのか理解できたような気がします。

 

まとめ

STEP③:もう一度ニーズを整理する

これら4つの習慣は未だ継続中の習慣です。

ありきたりな表現ですが、この取り組みは私の生活を完璧に好転させてくれました。最初こそ大変でしたが、今では本当にこの取り組みを始めた自分に感謝しています。

これからも私はこれらの習慣を続けていき、良さそうな習慣があれば更に取り組みを増やしていく予定です。

みなさんはどの習慣を取り入れてみますか?

次のページ「我々とは何が違う?お金持ちの特徴とは?」