マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

ブライダルローンは結婚の救世主!?基本と考えておくべきポイントとは

カテゴリー:

著者名

婚活FP山本

婚活FP山本

山本FPオフィス代表。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年8月、山本FPオフィスを設立し、同代表就任。 現在は日本初の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しながら婚活中の方や結婚直後の方など、主に比較的若い方のご相談を承っています。また「農業FP」としても活動をはじめ、独立10年を機に「後輩育成」にも力を入れています。詳細は「婚活FP」でご検索を。

この記事のポイント

  • ブライダルローンの基本と注意点
  • ブライダルローンの上手な借り方とおすすめ借入先
  • ブライダルローンの審査に落ちた時の対処法

こんにちは、婚活FP山本です。

昨今では「お金がないから結婚できない」という声を聞くことが増えましたが、これをニーズと捉えたのか、最近では「ブライダルローン」というものも登場しています。

しかしブライダルローンとはローンの一種、つまり借金ですから、やはりしっかり考えて利用することが大切です。

そこで今回は、このブライダルローンの基本と考えておくべきポイントをお伝えします。あなたの結婚に、お役立て下さいませ。

 

結婚に必要な費用はこちらの記事で詳しく説明しています。

 

 

ブライダルローンとは金利がかかる借金

まずはブライダルローンの基本についてです。冒頭でも触れたとおり、ブライダルローンとはローンの一種になります。このため、一定額を借りたあとは、金利を付けて返済することになるのが基本です。はじめて借金をする方は、少しピンとこないかもしれませんね。

例えば300万円を金利5%で、10年返済(ボーナス払いナシ)で借りたとすると、毎月31,820円を返済することになり、総額で3,818,359円を返済することになります。この条件なら、およそ3割増で返済する訳です。もちろん条件は、借入先で様々ですけどね。

またブライダルローンを含めたローンとは、誰もが簡単にお金を借りられるわけではなく、事前に一定の審査があることもあります。さらに保証料が必要だったり、保証人が必要だったりすることもあるでしょうか。ひとまず、はじめての方は色々と調べてみましょう。

 

結婚に絡むお金なら用途は自由

ちなみにブライダルローンと名が付くものは、一般的に「結婚に絡む支出」なら、基本的に何に使っても大丈夫です。結婚式の費用から新婚旅行の費用、引っ越し代などにも使えます。そして、こうやって少し用途を限定しているからこそ比較的割安な金利というわけです。

お金を借りる方法は様々ですが、例えば何に使っても大丈夫な「カードローン」などは、その分金利も高めに設定されています。このため、まさしく結婚資金が必要だからこそお金を借りたい場合は、ブライダルローンはうってつけといえるローンだと言えるでしょう。

 

ブライダルローンで後悔しないためのポイント

次はブライダルローンを利用するうえでの注意点です。これはブライダルローンに限らず住宅ローンなどでも同じですが、借金は「いくら借りられるか」ではなく「いくらなら返済できるか」が大切になります。つまり、返済計画を元にした借り入れが大切です。

特にブライダルローンは、まさしく結婚のための借り入れですが、結婚するということは互いに独身時代とは生活が変わることを意味します。結婚するからこそ浮くお金もあれば、結婚したからこそ必要になるお金もある訳です。そういう意味で、事前の話し合いが大切になります。

現代においても、まだまだお金のことを結婚前に話し合うカップルは少数派です。特に女性の場合、お金のことを男性に頼り切って丸投げしている方も多くおられます。でも、結婚すれば彼氏の財布はあなたの財布でもありますから、他人事でいると、とても危険です。

 

教育費など支払い時期がかぶる支出を考えて

ブライダルローンで一番気を付けたいのは「家族計画」でしょうか。共働きで返済していこうと考えていたのに、あなたが出産して働けなくなったり教育費が必要になったりすれば、一気に計算は狂います。その後の住宅ローンの頭金にも大きめに影響が出るでしょう。

結婚自体、人生を大きく変えるイベントですが、結婚はその後も様々な変化をもたらします。このため、結婚前後だけを考えて大丈夫かどうかを考えるのではなく、できれば「返済期限までの未来」を見据えた判断が大切です。難しい場合は、事前にプロに相談したほうがいいかもしれません。

 

ブライダルローンでおすすめの利用方法は?

今度はブライダルローンの上手な利用方法についてです。色んな理由から、どうしてもブライダルローンを利用したい場合は、返済期間を最長にしつつ繰り上げ返済をしていく前提で借り入れることをお勧めします。もちろん、借り入れる金額は「必要最低限」です。

ちなみに繰り上げ返済とは、当初の返済計画よりも前倒しでローンを返済していく方法になります。こうすることで、その分の金利を支払わなくてよくなり、返済期間も短くすることができる訳です。

ただ、何があるか分かりませんから、当初は最長で借り入れます。

少し余談ですが、この考え方は住宅ローンであっても同じです。そうしたら後は、当面必要なお金だけを残しつつ、できる限りの早期の返済終了を目指して二人でがんばりましょう。理想としては、子供を出産する前に返済が終わっていると嬉しいかもしれません。

 

利用しなくていいならムリしない

お気づきの女性もいるでしょうが、比較的割安といっても金利はけっして安くありません。仮に彼氏側が受け持つにしても、結婚したらサイフは実質的に一緒になりますから、あなたが借りるのも同然です。このため、利用しなくていいなら、それに越したことはありません。

先ほども少し触れましたが、今後は教育費や住宅ローンを筆頭にたくさんのお金が必要になりますし、最終的には老後資金が必要になります。結婚当初にムリをすればするほど今後が大変になりますから、「利用しなくていい方法はないか」を先に考えてみましょう。

 

ブライダルローンでおすすめの銀行は?

さらに、おすすめのプライダルローンについてです。実はブライダルローンは、明確にブライダルローンと名がついているものだけでなく、「結婚資金としても使っていいローン」の総称といえます。その中で、おすすめするブライダルローンは以下の通りです。

銀行名 金利 借り入れ上限 返済最長期間
住信SBIネット銀行 2.975~4.975%(変動) 1000万円 10年
楽天銀行 7.0%(固定) 300万円 8年4ヶ月
千葉銀行 5.0~5.2%(変動) 500万円 10年

あるいは、あなたが口座を持っていて日頃から使っている銀行でブライダルローンを取り扱っているなら、それを利用するのも手かもしれません。まずはどこの銀行で取り扱いがあって、借り入れるための条件がどうなのかを色々と見て回ると良いでしょう。

 

金利だけで比較するのは色々危険かも

どうしてもお金を借りる時には、「少しでも割安な金利のところを……」と、金利にばかり目がいきがちです。あながち間違っているとは言えませんが、金利一つをとっても固定金利か変動金利かで違いますし、繰り上げ返済で手数料が必要ということもあります。

それに先ほども触れたとおり、借金は「返済できるかどうか」が大切であり、割安な金利のところで借りたからといって、それが返済できることには繋がりません。どうぞご注意下さいませ。

 

ブライダルローンの審査に通らない時は?

最後はブライダルローンの審査が通らない場合です。そもそもブライダルローンの審査に通らない場合としては、以下のようなケースが考えられます。

・安定した収入がない、あっても少ない
・転職した直後
・他社からの借り入れがある、延滞経験がある

ちなみにローンの類というのは、一概には言えないものの、金利と審査基準が反比例の関係になっており、金利が安いほどに審査も厳しく、金利が高いほどに審査も緩やかです。このため、ブライダルローンの審査が通らないならカードローンを試す方法も一応あります。

他にも、金利が高い分にはいくらでも借入先は見つかるでしょうから、例えば消費者金融など、どこかを探してみるのもアリかもしれません。ただし、当然ながら金利が高いほどに返済が難しくなりますから、より一層「返済できるかどうか」を考えることが大切です。

 

結婚資金自体を見直すことも考えよう

繰り返しですが、結婚後は様々なことにお金が必要です。そして審査に落ちたということは、それほどあなたの経済力は低いともいえます。にも関わらずブライダルローンを借りてまで結婚資金に充てたいと考えるのは、少し身の丈に合っていないとも言えるでしょう。

最近では結婚式自体をしないカップルもいますし、新婚旅行もいかず、指輪もナシ、中には写真すら撮らずに婚姻届だけというカップルもいます。現代の結婚はゴールではなく、あくまで出発点ですから、ぜひ先々を見据えて考えていきましょう。

 

ブライダルローンは賢く利用しよう

某CMでも有名ですが、ブライダルローンも借金ですから、利用は計画的に賢く利用することが大切です。少なくとも返済期限までの先々を考え、中でも出産や教育費については特に注意して、そして結婚式が終わったあとは二人でがんばって早期に返済しましょう。