マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

投資信託の分配金の仕組みを解説。受取と再投資、どちらを選ぶのが得?

投資信託の分配金の仕組みを解説。受取と再投資、どちらを選ぶのが得?

カテゴリー:

著者名

佐々木 裕平

佐々木 裕平

1級ファイナンシャルプランニング技能士

中立・公正な立場から金融リテラシーを発信します。お金の疑問を「なるほど!」に変えます。書籍「入門お金持ち生活のつくり方」(こう書房)にてAmazon kindle全体1位達成。【所属・学会・協会:金融教育研究所代表/行動経済学会/NPO法人日本FP協会】

この記事のポイント

  • 投資信託の分配金には、普通分配金と特別分配金の2種類がある
  • じつは特別分配金はもらうだけ損になりやすい
  • 受取と再投資、選ぶなら理論上は再投資の方が合理的

この記事は約7分で読めます。

本記事では、「投資信託の分配金とは?」「分配金の種類(普通分配金・特別分配金)」「分配金の受け取り方法(受け取りコース・再投資コース)のメリット・デメリット」そして「受取と再投資、どちらを選ぶのが得?」という点について、わかりやすく解説していきます。

先に結論を記します。

  • 現役時代の資産形成期には再投資が重要と考えられる
  • 毎月分配型は理論上は資産形成において不利と考えられる

一体、どういうことでしょうか。なんだか、意外な気もします。その理由をわかりやすく解説します。

 

投資信託(ファンド)の分配金とは?2種類の分配金について、基本をわかりやすく解説します

投資信託(ファンド)の分配金とは?2種類の分配金について、基本をわかりやすく解説します

投資信託(ファンド)とは様々な金融商品を入れることができる、入れ物のようなものです。

私たちは投資信託を通して、誰でも簡単に少額から分散投資をすることができます。

そして、投資信託の中身の金融商品によっては、分配金と呼ばれるお金が受け取れることがあります。

投資信託によっては、分配金と呼ばれるお金が受け取れるものがある

 

投資信託(ファンド)の分配金の種類は、普通分配金と特別分配金の2種類。見方をわかりやすく解説

この、投資信託(ファンド)の分配金には以下の2種類があります。

  1. 普通分配金
  2. 特別分配金(元本払戻金)

お金が受け取れるのですから、どちらでもとてもうれしい気がします。それぞれどのようなものでしょうか。詳しく見てみましょう。

分配金には「普通」と「特別」の2種類がある

 

投資信託の普通分配金。利益だから基本的に税金がおよそ20%かかります

まず、普通分配金です。これは私たちにとっては「利益」にあたります。どのような時に受け取れるのでしょうか?

例えば、投資信託(ファンド)の運用成績が良い時には利益としての普通分配金が受け取れます。

利益ですから、基本的に税金がかかります。20.315%かかります。

例えば、1万円の普通分配金が出たなら、税金としておよそ2031円引かれるのですね。そして、私たちの手元に受け取れるお金(手数料(コスト)など無視)はおよそ7969円です。

これは、利益ですから仕方がありません。ちなみに税制優遇されているiDeCo(イデコ)やつみたてNISAでは基本的に非課税です。

 

投資信託の「特別分配金」は手数料(コスト)の高いATM?

では、もう一つの特別分配金とは、どのようなものでしょうか。iDeCo(イデコ)とは?わかりやすく簡単に解説!知って得する税制優遇制度!

「特別」とついていますので、なんとなく良いイメージを抱きがちですが、そうではありません。

特別分配金は別名「元本払戻金(がんぽんはらいもどしきん)」と呼ばれています。何でしょうか。

それはつまり、「私たちの出したお金(元本)が払い戻されるだけ」のお金なのです。利益ではありません

利益ではないのですから、当然ながら税金もかかりません

この特別分配金(元本払戻金)について、以下のように勘違いをすることが良くあります。

  • 税金がかからなくてラッキー
  • (毎月分配型などの場合)毎月お金がもらえてお徳だ

これは本当にそうでしょうか。例えば、銀行預金なら、税金はもちろん、手数料もかからずに自分のお金を引き出すことができます。

しかし、投資信託では、毎日「信託報酬と呼ばれる手数料(コスト)」が発生しています。つまり、高い手数料を支払いながら自分のお金を引き出しているATM状態、によく似ています。とてもお得とは思えません。

特別分配金(元本払戻金)は、一見するとお得な気がしますが、意味はありません。むしろ、元本が痩せやすい種類ですので、注意が必要です。

 

投資信託の分配金の受け取り方法2種類(受け取りコース・再投資コース)メリット・デメリットを解説&比較

投資信託の分配金の受け取り方法2種類(受け取りコース・再投資コース)メリット・デメリットを解説&比較

今度は、投資信託の分配金の受け取り方法について見てみましょう。分配金の設定がある投資信託の場合、分配金の受け取り方法を選択できる場合があります。

分配金の設定がある投資信託:分配金の設定がない投資信託もあります。

本記事では、次の2種類について見てみます。

  • 分配金受け取りコース
  • 分配金再投資コース

なんとなく直感的には「受け取りコース」の方がお得感が感じられるかもしれません。それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

分配金受取コースとは?

投資信託の分配金受け取りコースとは、文字通り分配金を受け取る方式です。

メリット

  • 目先の利益が手に入る(普通分配金の場合)

デメリット

  • 分配金を受け取るたびに、基準価額が下がる(資産が痩せていき、複利効果を活かした資産形成になりにくい)
  • 特別分配金(元本払戻金)の場合、高い手数料を支払って、自分のお金を受け取っただけになる(やはり資産が痩せる)

基準価額:いわゆる投資信託の価格のこと。例えば、基準価額1万円の投資信託があり、分配金を100円出したとする。基準価額は9900円になる。投資家のその時点の総額は、分配後の基準価額9900円+普通分配金100円=分配前の基準価額1万円となり、ここだけ見ると、得も損もしていない。しかし、多くの人は分配金を受け取ると「得をしたような気持ち」になりやすい。

上記のように、分配金と分配後の基準価額の総額は分配前の基準価額と同様であり、基本的に損得をしていません。しかし、このように、「分配金」というお金の名前がついてしまうと、人は「まるで違うお金・得をした」と感じてしまいやすくなります。行動経済学ではメンタル・アカウンティング(心の会計)などと呼ばれます。

メンタル・アカウンティング:例えば、初めてのアルバイトで手にした1万円と、重役になってから手に入れたお給料の中の1万円では、重みが違うように感じる。しかし、両者はあくまで同じ1万円であり、その人がお金に色(想い)を付けただけに過ぎない。

 

分配金再投資コースとは?

投資信託の分配金再投資コースについて見てみましょう。

こちらは、分配金が出た場合、同じ投資信託に再投資をしてくれるものです。

  • メリット:複利効果が働きやすくなる(お金を大きくしやすくなる効果が見込める)
  • デメリット:普通分配金の場合、利益なので税金がかかる

特に重要なのが、複利効果が働きやすくなる、ということです。どういうことでしょうか。

これはつまり、お金を雪だるま式に増やす形式ですよ、ということです。20年、40年などの長期での資産形成を行う場合は、とても重要な考え方です。

 

分配金再投資コースを選ぶなら、内部で自動的に再投資してくれる投資信託を選んだ方がお得?

上記のように、分配金再投資コースを選ぶということは、複利効果を得やすくする、というものです。

しかし、分配金再投資コースでは、一度外部に利益を支払った形になりますので税金がおよそ20%もかかります。

合理的に考えるのであれば、税金が2割も引かれた状態で再投資をするのは、効率が悪いことです

それなら、分配金の設定がない投資信託(内部で自動的に再投してくれる)を選択しておけば、2割もの税金を引かれることなく、より効率的に資産形成ができます。

ちなみにiDeCo(イデコ)と呼ばれる税制優遇制度で投資信託を買えば、分配金などの利益は自動で再投資してくれます。これが複利効果を発揮するには一番有利です。つまり、理論上はお金をもっとも大きくしやすい、ということです。

 

 

投資信託の分配金の2種類のメリット・デメリットまとめ

少し難しくなってきましたので、まとめておきましょう。分配金の受け取り方法とは異なりますが、分配金のない(内部で再投資をしてくれる)投資信託も比較のため、まとめます。

メリット デメリット
受取コース 目先のお金が手に入る(普通分配金の場合) 特別分配金(元本払戻金)の場合、基本的に意味はない
再投資コース 複利効果が得られる 普通分配金の場合、利益なので税金がかかってしまう
分配金を内部で再投資してくれる投資信託 税金がかからずに複利効果が得られる 目先のお金は手に入らない

資産運用では、「効率の良い・悪い」「合理的・非合理的」というレベルでの差はありますが、どの方法が良いかというのは、個人が好きなように決められます。

ただ、それでも理論上、効率の良いものはどのようなものだと考えられるのか、について知っておくと良いかもしれません。

 

結局、投資信託の分配金は「受取と再投資」どちらを選ぶのが得?

結局、投資信託の分配金は「受取と再投資」どちらを選ぶのが得?

それでは、投資信託の分配金に関しては「受け取りと再投資」、理論上はどちらが良いのでしょうか。結論から言いますと、再投資コースが、資産形成においては有利だと考えられます。どうしてでしょうか。

 

投資信託での資産形成の方法は、ニワトリたちを増やすのと同じ?

少し、話がそれるように感じるかもしませんが、あなたがニワトリをたくさん買っているとします。

あなたは、ニワトリが大好きなので、たくさん増やさないといけません。

次のうち、どちらがより効率よくニワトリを増やせるでしょうか?

  1. ニワトリが産んだ卵を片っ端から食べる
  2. ニワトリが産んだ卵を孵化させて、大きく育てる

正解は2ですね。話を資産運用に戻します。1は「受け取り」です。そして、2が「再投資」です。

資産形成においては「再投資」が効率が良いと考えられる。

 

投資信託の分配金に対しては双曲割引が働くので、分配金を受け取りたくなるのは自然なこと。しかし、お金は増えにくい

単純なお話ですが、理論上は、利益を再投資して長期(数十年)でお金を大きくした方が有利になりやすくなります。

しかし、私たちはついつい、双曲割引が働き、目先の利益である分配金を受け取りたくなります

双曲割引:近いものは、遠くの魅力的なモノよりも、より魅力的に見えやすい現象。例えば、ダイエットや適度な運動をすれば将来的に健康に過ごせるのは、頭では分かっている。しかし、目の前のお菓子の誘惑には勝てない、のと同じこと。資産運用でも、再投資をした将来の大きなお金よりも、目先の分配金を受け取る誘惑に負けてしまいやすい。

 

毎月分配型投資信託は資産形成においては手数料も高くて不利になる?

また、投資信託の中には、毎月分配型投資信託というものもあります。

文字通り、毎月、分配金(普通・特別)が受け取れる種類のものです。前述の双曲割引がありますので、多くの人はこのタイプが魅力的に思えます。

しかし、ここまで見てきましたように、複利効果がうまく発揮できません。

ニワトリで例えると、ニワトリが少なくなるので増えにくい、ということです。

金融庁の方からも、以下のように情報を発信しています。

分配金を出している投資信託の場合、元本の払戻し(特別分配金の支払い)や運用成果の悪化により基準価額が下がると、分配金利回りが上昇することになる。

このように、分配金利回りランキングの上位は、必ずしも運用成果の良い投資信託とは限らない。

毎月分配型投資信託は、分配頻度の少ない投資信託よりも、信託報酬が高くなる場合があるほか、毎月分配型投資信託を再投資した場合、分配金にかかる税金の分、複利効果が悪くなる。

出典:金融庁 平成27事務年度金融レポート

 

投資信託の分配金の仕組み:まとめ

  • 投資信託の分配金には、普通分配金と特別分配金の2種類がある
  • じつは特別分配金はもらうだけ損になりやすい
  • 受取と再投資、選ぶなら理論上は再投資の方が合理的

今回は、投資信託の分配金の仕組み・受け取り・再投資などについて見てみました。

また、直感的に考えた場合と、理論的に考えた場合では、多くの人にとっては正解が異なることになることもしばしばあります

結局のところ、選ぶのは投資家自身です。しかし、ほんの少しの考え方の差が、長期投資では大きな差になることがあります。納得のいくまでじっくりと考えても良いポイントかもしれません。

 

投資信託を始めるならSBI証券がおすすめ!

投資信託を始めるには口座を開設する必要があります。銀行や証券など多くで投資信託の取扱いがございますが、一番のおすすめはSBI証券です。業界屈指の格安手数料や、豊富なサービス・商品ラインナップを誇るネット証券業界最大手です。

SBI証券口座開設はこちら

 

投資信託に関する以下記事もおすすめ☆