マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

アコムむじんくんでの契約方法とは?審査基準&手続きの流れをFPが解説!

アコムむじんくんでの契約方法とは?審査基準&手続きの流れをFPが解説!

カテゴリー:

著者名

田中 英哉

田中 英哉

2級ファイナンシャルプランニング技能士、上級心理カウンセラー

2級ファイナンシャルプランニング技能士の有資格者。長年のライター経験の中で、お金に関する記事を執筆。日本最大級のソーシャルワークサイトにてプロクラウドワーカー TOPclass認定。ライター部門契約ランキング最高6位。難しいお金の話しを分かりやすく伝える記事は、読者から読みやすいと好評。

この記事のポイント

  • アコムは全国各地に「むじんくん」という自動契約機を設置している。
  • アコムむじんくんで契約した場合、属性審査と信用情報機関への照会が行われる。
  • アコムむじんくんは、パネル操作でスムーズに手続きを進められる。

この記事は約6分で読めます。

アコムには「むじんくん」という自動契約機があります。全国各地に設置されているため、便利に利用することが可能です。この記事ではアコムむじんくんでの契約方法や審査基準、手続きの流れを紹介いたします。注意点にも触れますので参考にしてください。

 

アコムむじんくんとは?

アコムむじんくんとは?

アコムの契約は、インターネットや電話、郵送、店頭での対面契約が可能ですが、「むじんくん」という自動契約機でも手続きができます。まずはアコムむじんくんの基礎知識として、以下の内容を紹介いたします。

  • アコムむじんくんは全国各地にある自動契約機
  • アコムむじんくんでは、契約や借入・返済手続きが可能
  • アコムむじんくんの営業時間

アコム公式サイトはこちら

 

全国各地にある自動契約機

アコムむじんくんは、北は北海道、南は沖縄まで日本全国の都道府県にくまなく設置されています。その数はおよそ1,000件にものぼり、どの都道府県に住んでいても便利に利用が可能です。

アコムむじんくんは利用中にドアロックがかかるため、ほかの人と鉢合わせする心配がありません。お金を借りる時には後ろめたい気持ちになる人が多いようですが、誰にも見られずに借り入れ契約が可能です。(※2019年11月時点で960台)

 

契約や借入・返済手続きが可能

アコムむじんくんは、とても便利な自動契約機です。これからアコムを利用したい人が契約をできるほか、借入れや返済手続きも可能です。ローンカード1枚あれば、クレジットカードでキャッシングする感覚で、気軽に現金を手に入れることができます。

アコムと契約があれば、一旦完済していたとしても繰り返し取引ができますし、利用の度に面倒な登録なども要りません。自宅近くや通勤ルートなど、よく行く先の設置場所を把握しておきましょう。

 

むじんくんの営業時間

アコムのむじんくんの営業時間は8時~22時となっており、年末年始を除いて年中無休です。アコムの店頭窓口の営業時間が平日9時30分~18時ですので、店頭窓口よりも長い時間営業しています。

しかも、店頭窓口が平日のみであることに対して、アコムむじんくんは土日祝日も空いていますので、仕事の帰りが遅い人や土日祝日しか休めない人に便利です。

対面の方が安心という人もいるかも知れませんが、機器に付属の受話器でオペレーターに質問や相談ができるため、むじんくんも安心して手続きを進められます。

 

アコムむじんくんの審査基準

アコムむじんくんの審査基準

アコムに申し込みをすると、借入れ審査が行われます。審査はほかの方法で申し込んだ場合と同内容ですので、厳正に行われています。ここでは、アコムの審査基準がどのような内容なのかについて、以下にて具体的に解説します。

  • 先ずは属性審査が行われる
  • 個人信用情報機関への照会
  • アコムで事故を起こしていたらアウト

 

先ずは属性審査が行われる

アコムむじんくんから申し込みをすると、先ずは属性審査が行われます。属性というのは個人情報のことで、年齢や職業、年収、家族構成などがチェックされます。

職業に関しては、雇用形態や勤続年数のほか勤務先の規模などが確認されます。また、プライベートな情報に関しては住居の形態や住宅ローンの状況、電話の種類(固定電話か携帯電話など)なども確認されます。自動的に数値化され、社会的ステータスが高いほど審査で有利となります。

 

個人信用情報機関への照会

属性審査よりも重要視されるのが、信用情報機関への照会です。個人の金融取引は、個人信用情報機関に記録されていますので、延滞や債務整理など金融事故を起こしていると審査落ちの原因となります。

逆に、健全な金融取引の実績が豊富な場合には、信用力のある人とみなされやすいため、審査で有利に働きます。これらの基準にてコンピューターが自動審査することが主流となっているため、スピーディーな審査が行われます。

 

アコムで事故を起こしていたらアウト

信用情報に事故記録が残ったとしても、事故内容に応じた期間の記録となるため、数年で履歴は消えます。しかし、信用情報の事故記録が消えていたとしても、過去にアコムで金融事故を起こした場合には、審査でアウトとなる可能性が高いです。

逆に、他社消費者金融で金融事故を起こした場合には、その業者ではなくアコムを含めた他社に申し込む方が無難です。

 

契約手順を把握しよう!むじんくんでの手続きの流れ

契約手順を把握しよう!むじんくんでの手続きの流れ

アコムむじんくんを利用しようと思っても、初めての方はちゃんと手続きできるか不安かと思います。そこで、むじんくんの契約方法を紹介します。

  • お近くのむじんくん設置場所へ行く
  • パネル操作で手続きを進める
  • 必要書類を提出する
  • 契約書と現金を受け取る

 

 

お近くのむじんくん設置場所へ行く

まずはお近くのむじんくんの設置場所へ行きましょう。むじんくんだけで契約が完結しますので、手軽に借り入れ契約ができます。ただし、急いでいる場合には、ネットで申し込んでからむじんくんに行くことがおすすめです。

アコム公式サイトから申し込み、カード受け取り方法を自動契約機にしておけば、最短30分の即日スピード融資となります。

 

パネル操作で手続きを進める

むじんくんには正面に操作パネルが付いています。最初は「受付開始」という文字が画面に表示されており、タップするだけで手続きを始められます。あとは画面の指示に従って進めていくだけですので、迷うことなく手続きができます。

 

必要書類を提出する

画面の指示に従っていると、必要書類の提出が求められます。必要書類の提出もむじんくんから行えますので、複数行程にならず楽ちんです。必要書類については後述しますので、あらかじめ用意しておきましょう。

 

契約書と現金を受け取る

手続きが完了すれば契約書を現金を受取りましょう。契約書をむじんくんで受取ると、郵送を防止することができます。アコムからの郵送物を家族に見られてしまうと、借金の事実がバレてしまうリスクがありますので、むじんくんで契約書を受取れることは大きなメリットです。

もちろん、アコムの郵送物は「ACセンター」という風に、消費者金融とバレない工夫がなされていますが、それでも郵送物がない方が無難でしょう。現金はむじんくん併設のATMから取り出すことが可能です。

 

必要書類の種類と提出方法

必要書類の種類と提出方法

必要書類は本人確認書類と収入証明書の2パターンがあります。基本は本人確認書類が求められますが、場合によっては収入証明書の提出が求められます。それぞれの種類と収入証明書が必要なケースも踏まえ、以下の内容を紹介します。

  • アコムで必要な本人確認書類
  • 収入証明書を求められるケース
  • ネットでアップロードも可能

 

アコムで必要な本人確認書類

アコムでは、運転免許証などの本人確認書類が必要です。運転免許証を持っていない人は、個人番号カードなどでも構いません。ただし、顔写真がない書類を本人確認書類とする場合には、健康保険証に加えて住民票や公共料金の領収書、納税証明書のいずれかが必要です。

顔写真がある書類 運転免許証、個人番号カードなど
顔写真がない書類 健康保険証+(住民票、公共料金領収書、納税証明書のいずれか)

 

収入証明書を求められるケース

アコムから50万円を超える契約をする場合や、他社借入を含めて100万円を超える利用の場合には、収入証明書が求められます。収入証明書として認められるものは以下のとおりです。

収入証明書 源泉徴収票、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書、確定申告書・青色申告書・収支内訳書

 

ネットでアップロードも可能

必要書類はネットからアップロードもできます。運転免許証などの本人確認書類はアコムとの契約以外でも提出することはあり得ますから、1枚スマホに保存しておくと便利です。万が一むじんくんへの持参を忘れても、スマホからアップロードすれば手続きが進められます

 

アコムむじんくんの注意点

アコムむじんくんの注意点

アコムむじんくんを利用する場合には、気を付けなければならないこともあります。ここではむじんくん利用時の注意点として、以下の内容を解説します。

  • 待たされる可能性がある
  • 手続き時間を考慮する必要がある
  • 必要書類はあらかじめ用意すべき
  • 在籍確認が行われる

 

 

待たされる可能性がある

先述のとおり、むじんくんを利用中はドアロックがかかるため、プライバシーへの配慮が万全です。しかし、裏返して言うとほかの人が利用中は待たされることになります。

営業時間終了間際にほかの人が利用していると、即日融資に間に合わなくなる可能性がありますので、あらかじめ想定しておきましょう。

 

手続き時間を考慮する必要がある

即日融資を希望する場合には、手続き時間も考慮しなければなりません。むじんくんの営業終了時間ギリギリに手続きを開始すると、その日のうちに融資されないリスクが生じます。

手続き時間を30分程度と見込み、若干ゆとりを持って、営業終了1時間前までには申し込みましょう。

 

必要書類はあらかじめ用意すべき

必要書類はあらかじめ用意しておきましょう。むじんくに行ってから必要書類を用意するのでは、スムーズに手続きを進められない可能性があります。本人確認書類の場合は、運転免許証などを携帯していることが多いため、そのリスクは回避しやすいでしょう。

しかし、収入証明書は役所などで発行してもらわないといけないものが多いため、取りに行く物理的な時間など入手に一定時間がかかります。

 

在籍確認が行われる

申し込み方法に関わらず在籍確認が行われます。申し込み時に記載した職場に、本当に在籍しているかの確認がなされるのです。ただし、アコムの名前は出さずに入電してくれるため、同僚に借金がバレる心配はありません。

しかし、むじんくんを利用する曜日や時間帯によっては、すぐ在籍確認ができない場合があります。この場合、審査に時間がかかったり、一旦低めの限度額で審査通過となるなど、調整が入る可能性があります。

 

アコムのむじんくんに関するまとめ

アコムは全国各地に「むじんくん」という自動契約機を設置しているため、プライバシーを守りながら、便利に契約が可能です。申し込み時には属性審査と信用情報機関への照会が行われ、厳正に審査がなされます。

とはいえ、手続きはカンタンですので、申し込み自体は気軽に行えます。即日融資を希望する場合は、申し込み時間に配慮して手続きを行いましょう。

アコム公式サイトはこちら

 

カードローンに関する以下記事もおすすめ☆