マネタス

LINEスマート投資の評判とは?口コミ&メリット・デメリットを徹底調査!

LINEスマート投資の評判とは?口コミ&メリット・デメリットを徹底調査!

カテゴリー:

著者名

佐藤 彰

佐藤 彰

AFP、米国CTI認定プロフェッショナルコーチCPCC

全国に営業店を構える対面型証券会社とフィンテック系の証券会社に勤務し、2019年4月に独立。金融機関在籍時は、主にコンプライアンス部門に所属し、若手社員教育、コンプライアンス研修、投資信託販売のチェックを主に担当。金融機関外での金融教育の必要性を実感し、現在は主に投資信託による資産形成を支援するファイナンシャルプランナーとして活動中。コーチ資格も保有しており、投資と心理にも着目した情報発信をしています。

この記事のポイント

  • LINEスマート投資は手軽さが売りで投資の入り口として優れている。
  • LINEスマート投資は資産形成には必ずしも向いているとは言い難い。
  • LINEスマート投資を投資の入門として利用し、慣れてきたら一般的な投資で資産形成をしていく方法もありうる。

この記事は約9分で読めます。

最近はインターネット企業を中心に新しい投資サービスが次々と生まれています。これらの特徴は、比較的年齢が若い投資初心者向けのサービスである点です。その中で今回はLINEスマート投資についてご紹介します。

 

LINEスマート投資は、ワンコイン投資とテーマ投資の2種類

LINEスマート投資は、ワンコイン投資とテーマ投資の2種類

LINEスマート投資には2種類あります。1つがワンコイン投資です。これは、まさに最低500円から積立投資が可能なサービスです。積立金額のみ設定すれば、あとはロボットが自分に代わって運用を行ってくれます。

もう1つはテーマ投資です。これは最低金額1万円から投資可能で、投資する際は個別銘柄ではなく投資テーマを選んで投資を行います。

 

なぜこのようなサービスが登場したか?

一般的に、投資にはある程度まとまった金額が必要になることが多いですが、それでは投資を開始するハードルが高くなります。また、投資はリスク管理ができるように、ある程度仕組みを学んでからでないと開始できない性質もあります。

この2点のハードルを下げるところに当該サービスの特徴があります。特にワンコイン投資は最低500円から投資開始でき、金額さえ設定すればよいので、気軽に始めることが可能です。

 

LINE証券のサービスとは違うのか?

この点、LINEには証券取引所に上場している株式を売買できる投資サービスもあります。これとスマート投資とは別のサービスです。

一般の株式取引と異なったシステムですが、これはFOLIOという新興の証券会社のサービスです。口座自体はFOLIOの証券口座を開設し、LINEはその仲介を行って投資家にサービスを提供する形態となっています。

LINE証券については下記の記事もご参照ください。

 

資産はしっかり管理されるのか?

アプリで取引を行うとはいえ、LINEもFOLIOも証券会社であることには違いがありませんので、一般的な証券会社と同様に投資家の資産は厳重に管理されています。具体的には、金融商品取引法上で定められているとおり、投資家からの資産は会社の資産とは別々に管理されます。

加えて、それでも万が一何かあったとしても、投資者保護基金により1000万円まで資産が保護されます。

500円から始めるワンコイン投資【LINEスマート投資】

 

ワンコイン投資の特徴

ワンコイン投資もテーマ投資も、LINEを通じてスマートフォンから投資をする点は共通しています。また、口座開設可能年齢(20歳以上75歳)、口座開設手続方法、入出金など基本的な部分は同じです。ただそれぞれ違いもありますので、以下それぞれのサービスの特徴について記載します。

まずはワンコイン投資の4つの特徴から見ていきましょう。

 

投資対象

投資の対象は米国ETFです。金額と投資目標を設定しさえすえば投資を行えます。銘柄選定は不要で、投資開始後の銘柄の入れ替え等も不要です。米国ETFの組み合わせだけでなく、ポートフォリオ変更もAIが自動で行う仕組みになっています。

また、投資スタンスは5つある運用プランから選ぶことになるので、投資の方針をおおかまに決めれば運用を開始できます。

投資対象

 

投資のリスク

投資対象が米国ETFですので、各種投資に付随する価格変動リスク、為替リスクなどはもちろん存在します。スマホで手軽にでき、銘柄を自分で選ばないとはいえ、金融商品に実質的に投資している点も忘れてはいけない部分です。

 

資産運用金額および買付のタイミング

週1回積立で投資を行います。最低投資額の500円で最大は10万円です。1週間で最低金額500円という意味なので、月に換算すれば2,000円から2,500円が最低投資金額です。残高不足になっても、金額を補充すれば再度引き落としが行われます。

 

手数料

2020年4月までは無料だったのですが、現在は預かり資産年率1%(税抜)で最低月100円(税抜)かかります。投資する際には手数料はかからないので、手数料体系はシンプルです。

 

テーマ投資の特徴

次に、同じ4つの観点からテーマ投資の特徴について記載します。

 

投資対象

FOLIO社が選定したテーマを構成する銘柄群です。テーマ投資では、個別の銘柄ではなくテーマを選びます。各テーマはそれぞれのテーマに馴染み深い銘柄を、FOLIO社が選定する形で構成されています。

つまり、投資家はテーマを選べば、そのテーマにマッチした複数銘柄に分散投資ができるということです。例えば生活防衛というテーマでは、100均ショップを展開するセリアや業務スーパーを運営する神戸物産などが銘柄として選定されています。

投資対象2

投資対象3

 

投資のリスク

投資対象の詳細を見ていくと株式に投資していることがわかります。ですので、株式に投資する際に気にかけるべきリスクももちろん存在します。

テーマを選ぶ際は、そのテーマにどんな銘柄が組み込まれているか、その株式がどんなときに下がる恐れがあるか、こういった点を投資する前に一度確認しておいたほうがよいでしょう。

 

資産運用金額およびタイミング

最低金額が1万円です。ワンコイン投資のような積立投資とは違い、売買するタイミングはご自身で自由に選ぶことが可能です。ただし、売買をするのにおすすめのタイミングは、アルゴリズムによりアドバイスがあります。

 

手数料

各銘柄の売買代金の0.5%(税抜)で最低金額が50円(税抜)です。実質的に100株に満たない単元未満株での売買になるので、その手数料としては割安な水準です。

 

 

LINEスマート投資の開始手続きおよび注意点

LINEスマート投資の開始手続きおよび注意点

このような特徴のあるLINEスマート投資を実際に始める場合の手続きや注意点について、以下にまとめてみました。まずは利用開始までの手続きについて記載した後に、注意点について解説します。

 

利用開始までの手続き

基本的に一般的な証券会社と大きな違いはありませんが、手間をできるだけ省いて行うことができる点が特に特徴的です。

 

口座開設

書面への記入は不要で、スマホ内で完結させることが可能です。免許証等の本人確認書類とマイナンバー確認書類も、スマホで写真撮影してLINEに送ることができます。書面のやり取りを不要にできるため最短翌営業日から取引可能です。

 

入金

入金が必要なところはほかの証券口座でも同様です。入金は口座開設完了後に手続可能になります。入金手続きは銀行口座などからの振込入金も可能ですが、LINE Payから即時入金することももちろん可能です。

 

LINEスマート投資利用上の注意点

スマートフォンを利用して証券取引を行うところが、一般的な投資とLINEスマート投資との大きな違いの1つであり、スマートフォンやアプリに関して注意すべき点があります。

 

機種変更時の確認事項

機種変更後ももちろんLINEスマート投資が引き続き利用可能です。ただし、その際は新しい端末でLINEを再インストールした後に、LINEアカウントの引き継ぎを行うことが必要です。

引き継ぎには、LINEアカウントに電話番号・メールアドレス・パスワードを登録しているなどの条件が必要なので、機種変更時には慎重に手続きすることが重要です。

 

アプリのバージョンアップ

LINEスマート投資はLINEアプリ内で取引を行うため、ほかのアプリと同様に不定期にバージョンアップが行われます。古いバージョンのまま放置すると取引に支障が出る場合がありえますので、こまめにバージョンアップすることも大切です。

 

LINEスマート投資に関する口コミ&メリット・デメリット

LINEスマート投資に関する口コミ&メリット・デメリット

インターネットを見ると、LINEスマート投資に関してさまざまな口コミを確認することができます。好意的な意見もあれば、そうでない意見もあります。その口コミから、LINEスマート投資を利用するメリットとデメリットを下記のとおりまとめてみました。

 

利用するメリット

投資に馴染みがない方にとっては、投資の入り口という観点から好意的な意見が多かったです。具体的には以下の3点が挙げられます。

 

手軽に投資できる

さまざまなインターネット上の口コミを確認すると、手軽に利用できるところがよいというものをよく見かけます。特にワンコイン投資であれば、金額と目標さえ決めれば簡単に投資が可能です。ほかの少額投資と比べても、手軽さでは特に優位性がある投資手法であると考えることができます。

 

ズボラでも投資できる

投資をする際には、ある程度資産運用について勉強しないといけません。ただLINEスマート投資では、最低限のことを把握しておけば比較的投資を始めやすいです。

ワンコイン投資でもテーマ投資でも、投資をする際に考える手間をいかに省くかという点を重視して作られている印象がありますので、ここもほかの投資と比べて優位性があります。

 

初心者にやさしい

サイトの作りがシンプルで、キャラクターを使っているところにも親しみを感じられ、サイトを見たときの圧迫感も感じにくいです。

ワンコイン投資なら金額も500円と少額から開始できますし、テーマ投資でも売却タイミングをアルゴリズムでアドバイスしてくれる機能があり、初心者に配慮した仕組みになっています。

 

利用するデメリット

投資は入り口だけでなく、その後の出口についても考える必要があります。その出口という側面では必ずしも好意的な意見が多いとはいえません。それらは主に以下の3点です。

 

お金が貯まらない

少額から投資するということは、利益が出た場合も一般的な投資よりも少額になります。余裕資金を利用しても大きく儲かるとは言い難く、本格的な資産づくりをしたいと考えている方には、必ずしも向いているとはいえません。

 

投資の知識がつきにくい

手軽でできる裏返しとして、しっかり勉強しなくても投資ができることになり、投資の知識を学ぶ機会にはなりにくい側面もあります。

もちろん、まず投資を経験するということ自体は投資を勉強するきっかけにはなりますので、知識が全く身につかないわけではありません。ただ、一般的な投資に比べれば身につく幅が狭くなってしまうことは否定できません。

 

利益に対する非課税枠を設定できない

LINEスマート投資では、非課税口座であるNISAを利用することができません。利益が出たら確実に課税されてしまいますので、投資の金額がまとまってきた場合には特に注意して考えたほうがよいでしょう。

 

 

LINEスマート投資が向いている方・向いていない方

LINEスマート投資が向いている方・向いていない方

上記のようにLINEスマート投資は、投資を始めるという入口のハードルが低い面に大きな特徴があります。その反面で投資を行った後のことを考えると、不都合性もまた見えてきます。その観点でLINEスマート投資が向いている方とそうでない方について、以下のとおりまとめてみました。

 

LINEスマート投資が向いている方

代表的な場合としては以下の4タイプの方です。

 

投資未経験の方

投資と聞いただけでも頭が痛くなるという方も少なくないでしょう。LINEスマート投資ならば、そういう方でも投資は比較的始めやすいです。UIが資産運用のサイトには見えにくく、投資を開始する抵抗感を比較的感じにくく作られています。

また、投資の手間が極力かからないような設計もされています。最低限度のルールやリスクだけ押さえれば、まずは始めてみようと思える投資だといえるでしょう。

 

比較的年の若い方

若い方であれば、投資に関心があってもまとまった金額が出せない方や、出せる金額があってもどのように投資したらいいかわからない方も多いと思います。LINEスマート投資はそういう悩みのある方の利用にも向いています。

ワンコイン投資なら少額の積立投資でなおかつ投資の目標も設定しやすいですし、テーマ投資なら売買のタイミングは自分で決める必要があるものの、アルゴリズムによるアドバイスを利用できます。

 

投資のリスクが気になる方

若い方でなくても、投資の入門としてLINEスマート投資を利用したい方にも向いています。投資で気になるのは、まさにリスクだと思います。このリスクに慣れるという意味で、気軽で少額から投資を開始できるLINEスマート投資を利用してみるのもよいでしょう。

 

LINEサービスをよく利用する方

LINEスマート投資はLINE Pay残高から入金することができます。ほかのLINEグループのサービスを利用していれば、LINE Payのポイントが貯まったり、うまく節約できた分を投資に回したりという形で、より効果的にLINEグループのサービスを利用することが可能です。

LINE Payの仕組みなどについては下記の記事をご参照ください。

 

LINEスマート投資が向いていない方

代表的な場合としては以下の4タイプの方です。

 

投資についてしっかり学びたい方

手軽に投資できる分、LINEスマート投資は一般的な投資と比べて投資について学びにくいです。資産価格が変動するリスクを体感できる点では学びになりますが、投資の商品の選択の余地が少ないです。LINEスマート投資では特に金融商品の知識がつきにくいので、別途勉強が必要です。

 

個別銘柄に関心のある方

LINEスマート投資ではワンコイン投資でもテーマ投資でも、個別の銘柄への投資はしません。具体的な銘柄に投資をするほうが投資の実感や面白みがあってよいという方には不向きかもしれません。

 

本格的に資産づくりしたい方

LINEスマート投資は少額投資になりがちなので、大きく儲けるのは難しいです。投資の入門として利用するにはよいですが、将来のためのまとまった資金を作る場合には、一般的な投資に切り替えてやっていかないと難しいでしょう。

もちろん、LINEスマート投資も併用しながら進めていくという方法もよいと思います。

 

効果的な運用をしたい方

LINEスマート投資ではNISAなどの非課税口座の利用ができません。また、一般的な投資と違い、出金する際には1回につき300円(税込)の手数料がかかります。手数料や税金をなるべく減らして効率的な運用をしたい方には、向いているとは言い難いです。

 

LINEスマート投資を行う意義

LINEスマート投資は、投資を行う上での最低限の準備を経験し、リスクをとって投資を行う体験ができる点に意義があるといえます。資産づくりとしての投資というよりも、投資を体感するための投資という位置づけです。

LINEスマート投資に慣れてきたら、投資の仕組みについて興味関心のある点から少しずつ学んでみて、資産づくりのための投資もぜひ行っていただけたらと思います。

 

LINEスマート投資の評判&メリット・デメリットに関するまとめ

LINEスマート投資にはワンコイン投資とテーマ投資と2種類ありますが、いずれも手軽に投資ができる点が利用者に評判です。必要最小限度の手間しかかかりませんし、金額も非常に少額で行うことができます。

投資の入門として利用する価値はありますので、ご関心のある方はぜひ一度やってみてください。

500円から始めるワンコイン投資【LINEスマート投資】

 

資産運用に関する以下記事もおすすめ☆