マネタス

お金に関する疑問を専門家が分かりやすく解説

iDeCo(イデコ)の掛け金を確定申告して税金を返してもらおう!書き方カンタン3ステップ!

カテゴリー:

著者名

佐々木 裕平

佐々木 裕平

中立・公正な立場から金融リテラシーを発信します。お金の疑問を「なるほど!」に変えます。書籍「入門お金持ち生活のつくり方」(こう書房)にてAmazon kindle全体1位達成。【所属・学会・協会:金融教育研究所代表/行動経済学会/NPO法人日本FP協会広島支部運営委員】

この記事のポイント

  • iDeCo(イデコ)では、拠出したお金が全額所得控除になる
  • iDeCo(イデコ)で税金が還付されるには、基本的に確定申告(または年末調整)が必要
  • iDeCo(イデコ)の掛け金の確定申告の方法は、得に難しくはない

iDeCo(イデコ)とは、「Individual-type Defined Contribution pension plan」の黄色い部分の頭文字を合わせた言葉です。

なんだかとっつきにくい名前ですが、直訳すると、個人型確定拠出年金です。

個人型確定拠出年金とは、個人が自分の意思で行う、出すお金(拠出金)は確定しているけれど、受け取れるお金は個人それぞれの運用によって変化する「もう一つの年金」です。

iDeCo(イデコ)=個人型確定拠出年金

 

iDeCoについては、以下記事で詳しく説明しています。

 

iDeCo(イデコ)は年金ですから、原則として60歳以降の受け取りとなります。普通の証券会社などでの通常口座で投資をするよりもiDeCo(イデコ)口座で行った方が税制面で優遇されています。

そんな税制面で優遇されているiDeCo(イデコ)ですが、確定申告(または年末調整)をしないと、節税になりません。つまり税金が帰ってきません。

今回は、iDeCo(イデコ)での確定申告の方法について見てみましょう。

 

確定申告ってそもそも何?

最初に、確定申告が何かを理解しておきましょう。

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を清算する手段です。

引用元:国税庁

確定申告とは、税金の過不足を清算する手段

 

iDeCo(イデコ)の掛け金 年末調整と確定申告、どう違う?

年末調整という言葉もあります。こちらもやはり確定申告と同様に、税金の過不足を清算する手段です。でも、違いは何でしょうか?

ザックリ言いますと、

  • 会社員などの給与所得の税金の過不足を清算するために行うのが年末調整
  • 年末調整は勤務先で行う
  • 年末調整をし忘れたり、それ以外の収入がある場合や、自営業者などの場合は確定申告を行う
  • 基本的に確定申告は自分で行う

このような違いがあります。その他にも、各種控除などで確定申告が必要なケースがあります。本記事ではiDeCo(イデコ)の掛け金のみについて記します。

 

iDeCo(イデコ)の掛け金の確定申告はいつからいつまでにすべき? どこで用紙が手に入る?

確定申告は、2月16日から3月15日までの間に行います。

確定申告の用紙は、国税庁ホームページで印刷することができます。また、税務署などでも受け取れます。

作成した申告書などは次の3つの方法で提出できます。

  1. e-TAX (電子申告)で申告(事前の利用手続きが必要)
  2. 郵便または信書便で住所地などの所轄税務署に送付する
  3. 住所地等の所轄税務署の受付に持っていく

 

iDeCo(イデコ)の掛け金の確定申告って、どんな人が必要?

iDeCo(イデコ)では掛け金を全額所得控除できますが、そのためには確定申告(または年末調整)が必要です。ただ、不要な人もいますので、そこを確認しましょう。

 

iDeCo(イデコ)で確定申告が必要な人

確定申告が必要な方は次のような方です。

  • その年の初回の掛け金拠出(お金を出した月)が10月以降の会社員・公務員の方(※注1)
  • 年末調整をし忘れた会社員・公務員・アルバイトなどをしている方
  • 自営業者・フリーランスの方
  • 年収が103万円以上の(またはある程度の収入がある)主婦・主夫の方

※注1:会社員・公務員の方は基本的に、勤務先で行う年末調整でiDeCo(イデコ)の掛け金を申告することができます(そのためイデコに関しての確定申告は必要ありません)。ただし、その年の初回の掛け金拠出額が10月以降の場合は、後述する提出書類(小規模企業共済等掛け金払込証明書)がまだ届いていない(翌年の1月ごろに届く)ために年末調整をすることができません。そのため、会社員・公務員の方でも、その年の初回の掛け金が10月以降の場合は、翌年に年末調整をすることで税金を還付してもらうことができます。

(個人の状況により異なりますので、個別具体的な内容は税務署などで確認してください)

 

iDeCo(イデコ)で確定申告が不要な人

ちなみにiDeCo(イデコ)の掛け金を確定申告をしなくても良い方は、次のような方です。

  • 会社員・公務員の方で、勤務先の給与天引きでiDeCo(イデコ)の掛け金が引かれている方
  • 会社員・公務員の方で、年末調整(iDeCo(イデコ)の掛け金を申告)をした方
  • 課税所得がない方

(個人の状況により異なりますので、個別具体的な相談は税務署などで確認してください)

 

iDeCo(イデコ)の掛け金の年末調整の仕方

年末調整の方法を知りたい方は関連記事をご覧ください。

 

iDeCo(イデコ)の掛け金を確定申告したら、還付金は?いくら戻ってくる?

確定申告(または年末調整)でいくらお金が返ってくるのか、一例は下記記事をご覧ください。

 

iDeCo(イデコ)の掛け金の確定申告書の書き方 3ステップ!

確定申告は、次のような流れです。

  1. 毎年10月ごろに国民年金基金連合会から自宅に、その年のiDeCo(イデコ)の掛け金の合計金額が記載された「小規模企業共済等掛け金払込証明書」のハガキが届きます。(初回の掛け金を10月以降に出した方は、翌年1月に送付されます)
  2. 1を保管しておきます。
  3. 確定申告の時に、2を添付して申告します。

 

iDeCo(イデコ)の掛け金の確定申告に必要な証明書

先ほどの1の「小規模企業共済等掛け金払込証明書」のハガキはこのようなスタイルです。

 

iDeCo(イデコ)確定申告の書き方

iDeCo(イデコ)の掛け金に関する、確定申告書の書き方は以下の通りです。

(個人の状況により、確定申告書のタイプがA・Bと異なります。どちらに当てはまるかなどの詳細は税務署などでご確認ください)

  1. 確定申告書AまたはB 第一表※1「小規模企業共済等掛金控除」の欄にその年の掛け金額を記入
  2. 確定申告書AまたはB 第二表※2「小規模企業共済等掛金控除」の「掛け金の種類」に「個人型確定拠出年金」と記入
  3. 2の「支払い掛金」と「合計」の欄にその年の掛け金額を記入

上記書類に「小規模企業共済等掛け金払込証明書」のハガキを添付して提出。

税金が戻ってくるのは5月ごろです。指定口座に振り込まれます。

 

※参考画像:確定申告書A第一表

 

※参考画像:確定申告書A第二表

 

iDeCo(イデコ)の掛け金の確定申告をやる方法 ※ネット・郵送・直接

すでに述べましたが、確定申告の方法には、以下の3種類があります。

  1. e-TAX (電子申告)で申告(事前の利用手続きが必要)
  2. 郵便または信書便で住所地などの所轄税務署に送付する
  3. 住所地等の所轄税務署の受付に持っていく

そのうち、1のe-TAX (電子申告)に関しては国税庁のHPから行えます。利用には、事前の利用手続きが必要です。

2の「郵便または信書便で住所地などの所轄税務署に送付する」は、自宅で国税庁HPから用紙を印刷・記入・郵送という流れで行えます。

もちろん、3のように、直接税務署へ持っていき、アドバイスを受けながら記入・提出することもできます。

 

iDeCo(イデコ)確定申告のまとめ

  • iDeCo(イデコ)では、拠出したお金が全額所得控除になる
  • iDeCo(イデコ)で税金が還付されるには、基本的に確定申告(または年末調整)が必要
  • iDeCo(イデコ)の掛け金の確定申告の方法は、得に難しくはない

確定申告(または年末調整)をしたことがない人にとっては、最初はハードルが高く感じるかもしれません。

ただ、一度確定申告(または年末調整)の方法を覚えてしまえば、(大きな改正などがなければ)毎年同じ手続きをするだけで、掛け金が全額所得控除になります。

戻ってくるお金は、人によってはトータルで数十万円~数百万円になることもあります。

iDeCo(イデコ)は、個人の老後の資産形成をサポートする一つの仕組みですので、確定申告とも上手に付き合っていきたいものです。

 

こちらもおすすめ☆